シンイルHPから会長名削除、電話通じず=露軍艦「ドンスコイ」金塊詐欺疑惑(朝鮮日報)
日露戦争中に沈没した宝船発見した韓国企業、予定された会見取り消し連絡途絶(中央日報)
 韓国・鬱陵島沖に沈没したロシアの軍艦「ドンスコイ」を引き揚げるとして、「シンイル・ゴールド・コイン」という仮想通貨の投資者を募っていたシンイル・グループがホームページ上から告知文を削除、経営陣を変更していたことが24日に確認された。投資者たちは「シンイル側は投資金返却要求を無視しており、電話にも出ない」と語った。シンイル・グループは「1905年に沈没した同号に150兆ウォン(約15兆円)相当の金塊が積み込まれている」と主張していた。

 シンイル・グループ系列の「シンイル・ドンスコイ号国際取引所」は同日、同社ホームページにあった引き揚げ関連の告知文を削除した。23日に投資に関する告知文を削除していたが、24日にあらためて「金塊が入っていると推定される多数の箱を発見した。26日にソウル商工会議所で記者会見を開き、全世界のメディアに知らせる」という告知文を掲載していた。 (中略)

「シンイル・グループはドンスコイ号の金塊をエサに今年初めから750億ウォン(約75億円)を集めていた」という話もあるが、同社側は正確な投資誘致額を明らかにしていない。
(引用ここまで)
シンイルグループは24日、ホームページを通じ「ドンスコイ号の実体と今後の計画などを詳しく明らかにする。報道機関当たり記者1人だけ取材申請を受け付ける」という内容を公示した。場所は大韓商工会議所会議室を予定していた。

しかし中央日報が大韓商工会議所に確認した結果、シンイルグループが押さえていた会議室は25日午後4時ごろに予約が取り消されていたことがわかった。商工会議所は「該当企業から取り消し要請があった」と説明した。中央日報はシンイルグループと接触を試みたが連絡がつかなかった。 (中略)

シンイルグループは単純な宝船引き上げ事業をする会社ではなく、「シンイルゴールドコイン(SGC)」という仮想通貨を作ったところだ。24日にシンイルグループは既にホームページに上げられていた公示事項をすべて削除した後に新たな公示事項2件を掲示した。そのうちのひとつは「23〜24日にかけて3000万シンイルゴールドコインを1コイン当たり200ウォンから120ウォンに割引して販売する」という内容だ。この会社は16日にも「16日から20日まで700万シンイルゴールドコインを割引販売する」と公示していた。取材の結果、実際に一部投資家がこのコインを購入したことがわかった。

シンイルグループはこのコインを独自の取引所に上場してビットコインのように投資家が取引できるようにする計画だった。24日午後3時には「宝船ドンスコイ号と関係なくシンイルゴールドコインを予定より繰り上げて上場する。心配せず各自の立場で引き受けた職務を忠実にせよ」という要旨の公示が再度上げられたりもした。しかし25日現在「シンイルゴールドコインを繰り上げて上場する」という最後の公示以外はすべての文が削除された状態だ。

シンイルグループが予定された記者懇談会場予約を取り消しており懇談会が開催されるかは不透明になった。だがシンイルゴールドコインを購入したというある投資家は、「カカオトークで会社側に問い合わせた結果、26日の記者懇談会は予定通りに進めるという回答を得た」と話した。投資家は「ドンスコイ号で宝物が発見されればシンイルグループの企業価値が上がりシンイルゴールドコインの価値も高まるだろう」と期待している状況だ。
(引用ここまで)

 電話に出んわ(ノルマ達成)。

 「150兆ウォン相当の金塊と金貨を積んだ」とされているドンスコイ号を発見したとされているシンイルグループが連絡途絶しているとのこと。
 一般からの投資を仮想通貨の形で引き受けるという画期的な(?)投資方法を提唱していたことでも知られる同グループですが。
 「ICOに向けて本来であれば1コイン200ウォンのところを120ウォンでお分けしています!」みたいなセールスをしていたそうです。ICOは仮想通貨における上場のための手続きのようなもの。
 株におけるIPOみたいなものですね。

 株と同様、初期に入手することができれば有利になることが多いのですが。
 もちろん、ICOにおける価格よりも下落することもあります。
 先日も書いたように韓国人は仮想通貨(と不動産投機)が大好きでして。
 仮想通貨というか「ビットコインは1BTCが最大時2万ドルにまで急騰した」という事実が好きなのですね。他の仮想通貨もきっとそうして高騰するに違いないというような幻想があるのです。
 「沈没船から150兆ウォンの金塊」×「仮想通貨での投資」という韓国人が大好きな一攫千金ネタのかけあわせですからね。
 半年ちょっとで750億ウォンもかき集めることができても不思議はないってことです。

 「金塊が入っているであろう多数の箱を発見した」ということで今日26日にも記者会見を行うとアナウンスしていたのですが、予約されていた会議室はキャンセル済み。
 なにもかもが清々しいほどに詐欺のテンプレートに沿っていて苦笑するしかありません。
 この話に前述したように750億ウォンも「投資」できる韓国人がいたとのことですから、どれだけ一攫千金とか一発逆転の機会を狙ってるんだよって話ですね。
 世知辛い韓国社会の映し鏡でもある、ということです。

詐欺師・ひっかけ商法の最新手口を公開! 騙しのカラクリ
横田 濱夫
PHP研究所
2003/7/25