韓国の4〜6月GDP成長率 ほぼ全てが振るわず0.7%に鈍化(聯合ニュース)
韓国銀行(中央銀行)が26日発表した4〜6月期の実質国内総生産(GDP、速報)は前期比0.7%増加した。ほぼ市場の予想通り。1〜3月期の成長率は1.0%に拡大したが、4〜6月期は再び鈍化した。民間消費が低調だった上、投資がマイナスとなったため。前年同期比の成長率は2.9%だった。

 1〜3月期の成長をけん引した民間消費は、4〜6月期に前期比0.3%増と、1年半ぶりの低水準となった。政府支出も0.3%増に縮小した。

 建設投資は前期の1.8%増から1.3%のマイナスに転じた。住宅建設と土木がそろって減少した。

 設備投資も6.6%のマイナス成長となった。前期の3.4%増から大きく落ち込み、2016年1〜3月期以来の低水準。機械類と輸送装備が振るわなかった。

 知的財産生産物投資も0.7%減少した。

 輸出は半導体や石炭、石油製品を中心に0.8%増加した。この伸びは前期の4.4%を大きく下回る。また、輸入は2.6%減少した。

 業種別にみると、製造業は0.7%増加したものの、前期の1.6%を下回った。建設業は2.1%増から2.3%のマイナスに転落。サービス業は0.6%増に鈍化した。農林漁業は2.5%減少。

 4〜6月期の実質国内総所得(GDI)は前期比0.8%減少した。
(引用ここまで)

 ムン・ジェイン政権は運がよかったという話を何度か書いています。
 就任初年度は半導体景気が最高潮で、不動産景気についてもまだまだ勢いがあった。
 不動産については勢いがあったというか、ムン・ジェインによって不動産融資規制があることは間違いないから、それよりも前に買っておこうという駆け込み需要が起きたというべきかもしれませんが。
 なんだかんだで、「政権としてまともな経済政策はなにもしていないのに3%成長」なんてことが起きてしまった。
 上下格差は拡がって失業率が韓国でだけ上昇するという兆しはあったのですけどね。

 で、その最後のろうそくの輝きだったのが第1四半期の1.0%成長。
 ポジティブサプライズとして取り上げられていましたね。
 でも、第2四半期は設備投資マイナス6.6%を筆頭に、企業側が「不況に備える」体勢をとってしまっている。
 設備投資の減少は単純なマイナス値としても痛いのですが、将来に対しての怯えが数値化されたも同然ですからね。この数字が大きいのは本当に厳しいのですよ。
 建設投資もついにマイナス1.3%。すなわち不動産関連に対しても及び腰。
 0.7%成長はむしろ大健闘だと思います。

 で、ここからさらに最低賃金を80円増やして工場の海外脱出を促している
 財閥は規制でがんじがらめにして、おまけに法人税増税
 不動産投機が嫌いだからって敷いた融資規制によって不動産価格は下落基調となって大家はチョンセ返還すらできなくなりつつある
 ……むしろ「なんで経済成長できてんの」っていうのが素直な印象ですよ。
 それだけここ2年ちょっとくらいの半導体高騰がすごかったということなのですけどね。