ソウル市長の屋上部屋1カ月体験、地元住民は大迷惑(朝鮮日報)
 朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が1カ月間暮らすと宣言した同市江北区三陽洞の「屋上部屋」前が、市長の入居2日目にしてデモ隊と市職員らのもみ合いに発展、大混乱に陥った。朴元淳市長は住環境・福祉環境が整っていない同地域の実態を把握するとして22日に広さ30平方メートル(約9坪)の屋上部屋(ビル屋上に建てられたプレハブなどの仮設住居空間)に引っ越した。

 24日午後8時30分ごろ、「大韓民国愛国市民連合」を名乗る団体のメンバー(49)ら4人が朴元淳市長の屋上部屋前でデモを行った。これらメンバーは「統一地方選(6月13日実施)を迎えるにあたって、ソウル市長官舎前でサルの仮面をかぶりパフォーマンスを行ったという理由により、朴元淳市長から5月に告訴されたことに抗議しようと思った」と説明した。

 デモが行われる1時間半前の午後7時には、警察官10人とソウル市庁・江北区庁の職員ら約30人が屋上部屋前に集まった。朴元淳市長が帰宅してデモ隊と遭遇する事態に備えたものだ。路地の入り口から屋上部屋前まで約100メートルにわたって職員らが立つと、幅3メートルの路地は通れなくなった。朴元淳市長は同日午後9時ごろ帰宅した。市長が帰って来るとの知らせを受けた市職員ら10人が腕を組んで「人間の壁」を作り、デモ隊と市長の間に入った。デモ隊が「市民を訴えてどうするんだ」と叫ぶと、朴元淳市長は「訴えられるようなことはしないでください」と言って部屋に入っていった。 (中略)

住民のチャン・ジェソルさんは「朴元淳市長が引っ越してきたせいで『三陽洞は貧しい人々が住む地域』と宣伝されてしまったことになる。公共施設でも作ってくれないなら抗議したい」と言った。デモ隊は同日深夜まで朴元淳市長を批判するインターネット放送をして帰っていった。デモ隊メンバーたちは市長が屋上部屋を出ていく来月18日までデモを行うとして集会届を出している。
(引用ここまで・太字引用者)

 ソウル市長のパク・ウォンスンがなにを考えたのか唐突に「貧民の気持ちを知るのだ」というような趣旨で屋上部屋に一ヶ月住むと言い始めたのですよ。
 屋上部屋や半地下の部屋は韓国において貧民が住むところと相場が決まっています。
 ドラマなんかでも「屋根部屋の〜」みたいなタイトルのものがありますが、屋根部屋というのが屋上部屋です。

 多くはビルができてから違法に増築されて家賃収入の足しにされるような部屋です。
 火災のあった(そして違法駐車で消防車が入ることができなかった)スポーツセンタービルでも木造の小屋が屋上に建てられてましたね。アレです。
 冬寒く夏暑いという特性があって、貧乏な韓国人が「冬に外に出たら外のほうが暖かかった」なんていうのが鉄板自虐ネタとして使われます。


 ですが、そんなところにソウル市長が住むとなればどうなるか。
 まず「屋上部屋に住む」って宣言して住み始めた地区っていうのはすなわち「ソウル市長によって貧しい街である」と認定されたも同然なのですよね。
 で、そんなところに警備陣が押しかけるわ、反左派の「太極旗デモ」をやっていた連中は抗議デモで集まることになる。
 最初から騒動になるのは分かりきったことなのです。
 それでもパク・ウォンスンには「 私は庶民の気持ちを理解している政治家だ」というアピールが必要なのですよ。
 次期大統領選挙に出るために、前回の共に民主党の大統領候補を選出するための党内選挙への出馬を取り下げているくらいですからね。
 年齢的に見ても次がラストチャンスでしょう。

  なので太陽電池パネルをソウルのすべての建物に設置するとかいう省エネルギー天使計画とか、慰安婦合意を再交渉せよとか、日本軍が慰安婦を虐殺した証拠をソウル市が独自に見つけた(なお捏造)とか「ろうそくデモをノーベル平和賞に!」とかいちいちやっているのは、すべて次の大統領選を見据えてのアピールなのです。

 パク・ウォンスンが大統領になったら……日韓関係はさらに「よい関係」になれると思いますよ。
 なにしろ、女性国際戦犯法廷っていう裁判ごっこに検事役として出てきたくらいの人物ですから。

経済学者がフィールドワークとしてあいりん地区に挑むって話。面白い。
経済学者 日本の最貧困地域に挑む―あいりん改革 3年8カ月の全記録
鈴木 亘
東洋経済新報社
2016/10/7