IMFの警告「韓国の最低賃金、引き上げが速すぎる」(文化日報・朝鮮語)
国際通貨基金(IMF)と経済協力開発機構(OECD)の関係者が韓国の最低賃金引き上げ速度が早すぎると指摘した。韓国の最低賃金引き上げについて、事実上速度調節の必要性を明らかにしたもので、今後、韓国政府の最低賃金政策に影響を与えるかと関心が集中している。

ページオーグルIMFアジア太平洋局課長は、韓米経済研究所(KEI)が25日(現地時間)、米国の首都ワシントンで主催したセミナーで、韓国の最低賃金引き上げについて「特定のポイントを超えれば、韓国経済のファンダメンタルズに損傷を与える可能性がある」とし「非常に慎重にアプローチする必要がある」と述べた。ページオグルー課長はIMFから「コリアミッション総括」を務めている。

今回の発言は、韓国の最低賃金委員会が14日、来年度の最低賃金の引き上げ幅を10.9%に決定したことを念頭に置いたものとみられる。

ページオーグル課長は、韓国政府が最低賃金引き上げ政策を展開したとき、「フランスの事例を参考しなければならない」と助言した。フランスは、2005年の最低賃金が中位賃金の60%に達した後、副作用が生ずるために速度を大幅に遅らせた。しかし、まだ全世界で1人当たりの国民総所得(GNI)比の最低賃金が最も高い国だ。

韓国の中位賃金比の最低賃金水準も、今年はすでに62%台へと上がった状態だ。OECDの2016年の統計では50.4%にとどまっていたことに比べると印象速度が非常に急である。 (中略)

この日の基調問題提起を務めたランドール・ジョーンズOECD韓国経済担当官も最低賃金引き上げが特にサービス分野で雇用を弱体化させ、インフレを発生させる原因になることがあるという点を心配した。

ジョーンズ担当官は、「最低賃金引き上げ幅は、地域別に許容範囲が異なっている」とし「ソウル明洞と全羅南道で受け入れ余力が同じであるとはいえない」と語った。
(引用ここまで)

 IMF、OECDのアジア・韓国担当官が「最低賃金上昇のペースが速すぎる」と警鐘。
 OECDはこれに先立っても「公務員を増やしたり、最低賃金上昇なんていう経済政策は的外れだ」とか、「これまで類例のない経済政策なので影響は予測できない」とかぼっこぼこに評価されてきたのですが。
 さらに一歩踏み込んだ「雇用を弱体化させる」「インフレを発生させる」とのレビューを披露。
 で、それに対して記事では「この警告によってムン・ジェイン政権の政策方向は転換されるのか」というように書かれているのですが。
 こんなん、まともな経済学者から山ほど事前に警告があったことですよ。

・高くなった人件費をまかなうには値上げしかないのでインフレになる。
・経済全体が成長していないのに、ひとりへの切り分けを大きくすれば雇用が減る。

 それに対してムン・ジェイン政権は「そうはいってもやってみなければ分からない」だの「反対するのは積弊勢力」だの言って進めてきたのです。
 もう、ここまできたら初志貫徹するしかないと思います。
 あがきまくっていたら「そのとき、不思議なことが起こった」ってナレーションがどこからか響いて、韓国にだけ金塊が落ちてくるとか、実は海に金塊が沈んでたとかあるかもしれませんよ。
 そんなことが起きる可能性もゼロとはいえないのだから、間違っている現実など顧みずに自分たちの理想だけを追い求めるといいと思います。

 まあ、実際のところすべての韓国人が富をばんばん生み出せるような高級人材であれば、こういった高い最低賃金もなんの問題もないのですけどね。
 ただ、ヒュンダイ自動車の工場で中国と韓国には10倍の生産性の差がある、というのが現実。
 それなのに先進国であるかのような顔をするのは無理、ということですよね。