韓国海軍「独島」建造で韓進重工業に不正疑惑(中央日報)
韓国海軍を代表する揚陸艦「独島(ドクト)」の建造過程で不正があったと、韓国CBS放送局が報じた。

CBSは26日、「独島」を建造した韓進重工業が作成した内部文書を入手したと伝えた。この文書によると「本艦契約の40%を外注すれば予想費用減額は約336億ウォン(約33億円)」と書かれている。

海軍によると、「独島」建造は原則的に外注できないよう契約したという。したがって外注で建造費用を減らしたのは韓進重工業の契約違反と解釈される。文書には外注人材を嘱託職(臨時工)として採用する案も書かれている。韓進重工業が臨時工を秘密裏に採用し、「独島」建造減額事由を海軍に知らせないというものだ。このため、関連部署の「業務協力」と「秘密維持」を徹底すべきだと文書に書かれている。

CBSは韓進重工業側に文書の確認を要請したが、韓進重工業側は「関連の記録が残っていないため確認できない。会社で作成した文書ではないとみられる」と答弁した。

しかしCBSの取材によると、「独島」建造に参加した下請け会社の関係者はこの計画に基づいて「独島」が建造されたと証言したという。
(引用ここまで)

 韓進財閥(大韓航空)叩きの一環ですかね。
 韓国軍の装備でこういった「防産(防衛産業)不正」がないわけがないのですよ。
 多かれ少なかれ。
 いつぞや、与党である共に民主党の国会議員が、福祉を充実させていくための予算はどこから持ってくるんだという話題になった時に「防産不正を正し、チェ・スンシルに廻っていた予算を割り当てれば充分だ」というような話をしていて苦笑いした覚えがあるのですが。
 子供手当と基礎年金引き上げにかかる年間6兆ウォンの増額分をそんなもんで賄えるわけないだろうに。

 ただまあ、額は別として防産不正はなくならないのも確実。
 軍に関してはウリとナムのウリがもっとも入りこみやすい構造になっているのですよ。
 ウリが強力なのは学校、地域といった派閥も強力なのですが、なによりも強力なのは出身軍隊の上下関係。
 所属していた軍のOBから「いっちょ噛ませろや」って言われて拒絶できる韓国人がどれほどいるのかという話です。
 まあ、財閥の子女の多くは徴兵とは無縁なのですが、実務レベルの部長や役員は別ですからね。
 けっきょく実務レベルでの実力者が出たら、家族をはじめとしたウリがそこにぶら下がるという構造。

 ま、今回は公敵となった韓進財閥を叩くためにリークがあった、というのはそれほど穿った見方でもないでしょうね。
 そもそも設計ミスで機関砲(ゴールキーパー)を撃つと甲板上の搭載ヘリを撃ってしまう可能性があったり、それ以前に強襲揚陸艦なのに韓国海軍に搭載できるヘリコプターが存在していなかったり、ようやく搭載できるヘリが制式採用されると思ったら墜落したりしている艦なので。
 あと4基ある発電機が全滅して曳航されるなんてこともありましたっけ。
 もうなにがあっても不思議はないですけどね。