「韓国のテコンV、日本のマジンガーZの模倣物ではない」 初の裁判所判決(中央日報)
韓国の裁判所が国産漫画キャラクター「ロボットテコンV(ブイ)」が日本のロボットキャラクター「マジンガーZ(ゼット)」と区別される独立的な著作物だと判断した。

31日、ソウル中央地方法院(日本の地方裁判所に相当)民事208単独イ・グァンヨン部長判事は、株式会社ロボットテコンVが玩具類輸入業者運営者Aを相手取り「著作権を侵害された」として起こした損害賠償請求訴訟で、4000万ウォン(約402万円)を支払うよう命じる原告勝訴の判決を下した。

株式会社ロボットテコンVは、テコンVに関する美術・映像著作物としての著作権を保有している会社だ。同社は、Aの会社が製造・販売しているナノブロック式の玩具がテコンVと酷似していて著作権を侵害されたとして訴訟を起こした。

これに対抗し、Aは「テコンVは日本の『マジンガーZ』や『グレートマジンガー』を模倣したもので、著作権法によって保護される創作物とは言えない」と主張した。

実際、韓国内ではテコンVが日本のマジンガーキャラクターを盗作したという主張が過去に何度も提起されていた。

しかし、裁判所は「テコンVは登録された著作物で、マジンガーZやグレートマジンガーとは、外観上、明確な違いがある」とし「テコンVはマジンガー等と区別される独立的著作物か、これを変形・脚色した2次的著作物に該当すると見なければならない」と判断した。

裁判所は「テコンVは大韓民国の国技であるテコンドーを土台にしており、日本文化に基づいて創作されたマジンガー等とはキャラクター著作物としての特徴や個性にも違いがある」という説明を付け加えた。
(引用ここまで)

 ……これがベルヌ条約に加盟している国で出る判決とは(困惑)。
 ベルヌ条約に加盟している国においては、著作権は書いたり描いたりした時点で生じるのですよ。(Wikipedia:ベルヌ条約
 それが模写であろうと模倣であろうと悪意を持ったパクリであろうとも関係なく著作権の保護下に置かれる。
 だから、テコンVがマジンガーZやグレートマジンガーの意匠をパクったパクらないという話には関係なく、テコンVは著作物であるという主張ができるのです。
 そしてそれこそを判決の主体とすべきなのですよね。

 この場でテコンVがマジンガーシリーズのパクりか否かを争点とすべきではなく、判断することも適当ではない。
 記事の輸入業者Aによって持ちこまれたナノブロックが、テコンVの著作権を侵害したかどうかだけを判断すべき。
 マジンガーZとテコンVの相似性を争点とできるのはダイナミックプロが「テコンVはマジンガーZ、グレートマジンガーのパクリである」として訴えた場合のみですよ。

 もっともこの記事の韓国版で書かれているコメントには「いや、パクリだし」「(韓国における)偽物製造の代名詞」とかしかなくて苦笑するのですが。
 韓国人がマジンガーZやアトム、ドラえもんが日本のアニメだったと知った時にかなりのショックを受けたというような話がよくあります。
 台湾を含めて旧日本領というのは21世紀になるちょっと前くらいまでは明確な日本文化圏であったのですよね。
 いまではそれぞれに独自性が出ていて差異があるのですが。台湾で80年代に太空戦士があり、韓国では最近になってキョウリュウジャーの独自続編が出るなんてところがその残り香といえるかな。

竹書房がAmazonでセール中です。
なぜここで普段のAmazon芸を切って普通に書いているかというと、今日は70%オフ、明日は50%オフ、あさっては30%オフとなってしまうから。最新刊以外はセール対象になっているようです。
メイドインアビス僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件ポプテピピック大きい女の子は好きですか?なんかをおすすめしておきます。
メイドインアビス(1) (バンブーコミックス)
つくしあきひと
竹書房
2013/7/31