韓経:「投資エンジン」失った韓国…長期沈滞の沼の中へ(韓国経済新聞)
統計庁が31日に発表した「6月の産業活動動向」によると、同月の設備投資は前月より5.9%減り、3月の7.6%減から連続で減少傾向を示した。設備投資が4カ月連続で落ち込んだのは2000年9〜12月以降で初めてだ。景気を牽引してきた半導体分野まで投資減少の兆候が現れている点が特に尋常でない。半導体関連特殊産業用機械など機械類投資が9.9%減り投資全体の減少傾向を導いた。6月の設備投資は前年同月比では13.8%減った。2013年2月の23.1%減から5年4カ月来の減少幅だ。

建設投資も振るわなかった。住宅用不動産とオフィス・店舗など商業用不動産市場の沈滞で建築が3.8%減、土木が7.6%減と実績はともに減った。韓国政府は7月に発表した「下半期の経済見通し」で今年の設備投資増加率は昨年12月の見通しである3.3%から1.5%に、建設投資は0.8%からマイナス0.1%に下方修正した。懸念していた投資の崖が現実化する様相だ。

6月の産業生産も前月より0.7%減少した。3月の0.9%減から4月が1.4%増、5月が0.2%増となったが3カ月ぶりに再び減少に転じた。製造業は0.8%、建設業は4.8%減少した。投資と生産など核心実体指標のほか、工場稼動率、在庫、小売り販売、輸出、雇用など主要指標も一斉に下落局面を見せている。

企業の体感景気も急激に冷え込んでいる。韓国銀行がこの日発表した「7月の企業景況調査指数(BSI)」を見ると、7月の全産業業況BSIは75で17カ月来の最低値に落ち込んだ。BSIは企業が認識する景気状況を示す指標だ。100未満なら景気を悲観的にみる企業が楽観的に見る企業より多いという意味だ
(引用ここまで)

 楽韓Webでは何度か「この局面で半導体の異常なまでの好景気で韓国経済は救われている。ムン・ジェイン政権は経済政策でも無能なのに運がいい」というような意味のことを語ってきましたが。
 もしかしたら、逆なのかなーと感じるようになってきましたね。
 無能な働き者として最低賃金上昇や各種規制増強、不動産融資規制、財源のない福祉政策といった負の政策をばらまいてきたのに、半導体景気でその失敗が見えなくなっていた。
 自己採点として「困難な内外の環境にもかかわらず3%成長できた」とか書いちゃうほどに。

 半導体景気だけが突出して成長していただけなのに、経済政策において根本的な取り組みや規制緩和をすることなく「よし、これでいいんだ」みたいになってしまったわけですよ。
 ちなみにまだ今年までは半導体景気はそこそこ続きます。NANDは軟調気味ですがまだ充分に効果ですし、DRAMはまだまだ高値で推移中。
 まだ錯視は続くでしょうね。
 ムン・ジェインの運がよかったのか、それとも悪かったのか。

 韓国人総体で見たら悪かったのでしょう。運……というよりは人選が。
 よりによってこの局面で明らかにやばい経済政策を提唱していたムン・ジェインを選んでしまったのですからねぇ……。
 まあ、問題は次の1年間。だいぶひどいことになるのでしょうね。特に来年、最低賃金が8350ウォンになったあたりでどんな阿鼻叫喚の地獄が待っているのやら。

 「韓国は最低賃金に満たないような仕事を廃しつつあり、高度な仕事に就くための準備なのだ」みたいな見方をしている輩もまだいるのですが。
 ……まあ、残るのはもしかしたら「高度な仕事」で高い賃金を得られる状況になるのかもしれませんが。
 その場合はフランスやスペインのように、あるいはそれ以上に全般的に高い失業率と、極めて高い若年層失業率を誇るようになるでしょうね。
 特に韓国は低負担低福祉がこの数十年の基本路線でまともなセーフティネットもない状態。
 ムン・ジェインは低負担のままで財源なしに中福祉か高福祉の路線に乗せたいようですが。
 そんな魔法なみたいなことができるんでしょうかね?
 「所得主導成長」とやらでそれができるのであれば、世界中が韓国を真似するという韓国人にとっては誇らしい事例になるのでしょう。
 できるのであれば。