韓経:「人」が不足した米日独…「雇用」不足した韓国(韓国経済新聞・朝鮮語)
米国の6月の失業率は4.0%で、2000年4月の3.8%以降で最低水準を維持した。4−6月期の国内総生産(GDP)増加率が前四半期比で年率換算4.1%まで上昇するなど景気が好況なことで雇用があふれている。

欧州連合(EU)も失業率が下がっている。EUの6月の失業率は6.9%で2008年5月以降で最も低くなった。EUで最大の経済大国であるドイツの6月の失業率は3.4%まで下落し、1990年の東西統一以降で最低となった。日本の失業率はバブル経済が崩壊した1990年代以降で最低の2%台に落ちた。 (中略)

韓国はグローバル雇用薫風から徹底的に疎外されている。韓国政府が発表した6月の失業率は3.7%だが青年失業率は9.0%、体感失業率は23.2%で、雇用指標は悪化するだけ悪化した状態だ。深刻なのは企業投資が減り新規雇用創出能力が衰退している点だ。
(引用ここまで)

 前にも語ったのですが、韓国の失業率、それも青年失業率が上がりすぎるのは日本にとってふたつの意味で危険なのですよ。
 ひとつはチョン・チャンハンのように「反日の英雄」になろうとする輩が出かねないこと。
 もうひとつは日本に就職しようとする韓国人が増えるということ。

 特に前者は本当に危険。
 困窮すればするほど、一発逆転を狙うというのは人の習いというもので。
 安重根のようなテロリストを英雄として賛美し、爆弾魔の銅像が各地にあるような社会で、落ちぶれた人間がなにをするか。



 画像は旧ソウル駅前に建てられているカン某という爆弾魔の銅像。
 楽韓Webではしゃれにならないくらいにこのことを危惧しているのですよ。
 韓国でいまほど若年層失業率が上昇していたことってないはずで。

 さらにいえば後者を目指して日本に来て、使い捨てされた結果として前者に転じるという可能性もある。
 というわけでムン・ジェインの経済政策については「突き抜けろ!」とも思うのですが、その一方で「ほどほどにしてくれ」とも思うのです。
 チョン・チャンハンにしても、NHK関連会社職員への切りつけ事件にしても、テロとしての要件は揃っているけど本人のやりかたが稚拙だっただけ。
 チョン・チャンハンは高校中退者で、NHK関連職員に切りつけたリ・ジェヒョンは「職業不詳」。
 韓国の「無敵の人」が日本に向かうような事態は避けたいのだけどなぁ……。