ラオスのダム崩壊でまだまだ続報はあるのですが、ひとつ取り上げたいブログエントリがあります。

 先日、ZAKZAK(夕刊フジ)にこんな記事が掲載されまして。

手抜き、逃げ出し…ラオス・ダム決壊は韓国経済“破綻の引き金” 海外受注は激減濃厚 「日本より安く、短期で」と強引に…(ZAKZAK)

そんななか、とんでもない情報を日韓両政府筋から入手した。

「突然、韓国のネット上で『工事で使った設計図は日本のものだ』『決壊した部分は日本の業者が工事した』という情報が流され、『すべて日本が悪い』という世論操作が始まっている」

 「ネット上で『すべて日本が悪い』という世論操作が始まっている」

 ……?
 この記事を読んだ時から頭に複数のはてなマークが浮きまして。
 NAVERのコメントなんかでも「韓国政府がなにかする必要はない」「なんで我々の血税を使おうとするのだ」というようなものはあっても、「日本のせいだ」みたいなコメントを見たことはありませんでした。
 ただ、「ないことを証明する」のは難しいので、ちらちらと調べても「見つからない」という以上の結論はあり得ないのです。
 世論操作をするのであれば、ドルイドキングがやったようにもっとも効果的な対象はNAVERニュースのコメント欄でしょう。でも、関連ニュースには見つからない。
 マイナーなところで「世論操作」をやっても意味がないのですよね。あとはイルベくらいなものですが、ざっくり見てもそんなスレッドもない。

 というわけで楽韓WebではこのZAKZAKのニュースを取り扱いませんでした。
 そんな中、こんなエントリを見つけまして。

【追記】韓国はラオスのダムの事故を日本のせいにしているのか、哲学的ゾンビ・ワンダーランド(ネットロアをめぐる冒険)

 かなり細かくNAVER、イルベ、KJCLUB等の書きこみを調べられています。
 まあ、最終的な結論としては「日本のせいだ」という書きこみは見つけられなかったが、証明はできないというものになるのですけどね。

 タブロイドをソースにするのは危険、というオチですかね。
 ZAKZAKの記事に関してはよくもまあ、こんな話を記名記事で書けるものだな……とある意味で感心しますわ。