サムスン電子 3年間に約18兆円投資・4万人直接採用へ(聯合ニュース)
サムスン電子は8日、向こう3年間に計180兆ウォン(約18兆円)を投資し、4万人を直接雇用する計画を発表した。

 サムスンは「経済活性化や新産業育成のため、新規投資や採用を大幅に増やす」として、「3年間で180兆ウォンを新たに投資し、4万人を直接雇用する」と説明した。

 韓国の企業グループとしては過去最大規模の投資・雇用計画で、投資額のうち72%に当たる130兆ウォンは国内に投入し、約70万人の雇用誘発効果を見込む。

 国内への投資額は年平均約43兆ウォンとなり、同社が過去最高の施設投資を実施した昨年(43兆4000億ウォン)の水準を維持することになる。

 投資は新成長産業に集中して行われる。未来成長事業と位置付けている人工知能(AI)や次世代高速通信技術「5G」、バイオ、半導体中心の電装部品分野に約25兆ウォンを投入する。

 また、約2万〜2万5000人の採用計画を大幅に拡大。4万人を直接採用し、若者の雇用創出を推進する。
(引用ここまで)

 インドでムン・ジェインとサムスン電子副会長のイ・ジェヨンが会談した時に「インドだけではなく韓国国内にも投資をお願いしたい」という話が出ていたのです。
 で、ついでキム・ドンヨン経済担当副首相兼企画財政部長官との会談が先日ありまして。
 その際に「韓国国内への投資を行う」という話を引き出したのでした。

 ムン・ジェイン政権の財閥スルー政策はよく知られていると思います。
 できるだけ財閥を痛めつけてその財産を供出させたい。より多くの法人税を払わせたいというのがムン・ジェインの基本的な意向でした。
 そんなムン・ジェインがわざわざ現在、裁判が進行中の刑事被告人であるイ・ジェヨンと会ってまで「韓国国内へ投資します」との言質を引き出した。
 インドのスマートフォン工場のテープカットで序列第4位に置かれて、かつ大統領府からは「我々は彼を招待していない」とまで宣言されたにも関わらず。

 おそらく、これで大法院(最高裁)に上告されている裁判については執行猶予つきの有罪判決で終了でしょうね。
 地裁では「物証はないが心証では賄賂であると推察できる」というトンデモ判決で実刑5年を言い渡されました。
 パク・クネ絡みの裁判であったために、忖度された部分も少なからずあったのでしょうけども。
 その結果、サムスン電子の最高責任者が即日拘束で2017年2月の逮捕から、高裁の執行猶予判決まで1年間に渡って収監されてきました。
 夏はろくに冷房すら使われない劣悪な環境だったとされています。また、収監先からの指示ではどうしてもタイミングが遅れるということもあったでしょう。
 この「韓国への投資」宣言で取引が成立したとみるべきでしょう。

 というか、投資先が「未来成長事業と位置付けている人工知能(AI)や次世代高速通信技術「5G」、バイオ、半導体中心の電装部品分野」って、どれもこれも人の多さを必要としないものばかりなんですが……。
 必要なのは少数の研究者等の高級人材。
 まあ、無理矢理にでも雇うのでしょうね。もう二度と収監されたくはないでしょうから。

刑務所いたけど何か質問ある? マンガ『刑務所なう。&わず。』完全版【文春e-Books】
堀江貴文
文藝春秋
2014/2/14