台風14号も韓半島を避けていくのか…日米の予報は「韓国西海岸に上陸」(中央日報)

 またもや日米と韓国で台風14号ヤギの進路予想が異なるというお話。
 日米は半島に上陸するという予想で、韓国気象庁のそれは半島には上陸しないとの予想。
 2015年の台風9号でも同じように予想が食い違い、けっきょくアメリカがもっとも正解に近いなんてことがありましたね。

 さて、今回の台風14号はどうなりますか。
 まず気象庁の5日間予想はこちら。
1814_kishouchou

 米軍合同台風警報センターの現時点での予想がこちら。
jtwc1814_yosou

 で、韓国気象庁の予想がこちら。
1814_koreaweather

 朝鮮半島の甕津半島のあたりから半島を横断する(気象庁、JTWC)か、それとも中朝国境あたりで横断する(韓国気象庁)かという予測の違いかな。
 以前みたいな「なにがなんでも日本に向かう」っていう破天荒な予想ではないのが残念ですが。

 北太平洋高気圧がどこまで南下して張り出してくるか、という話ですね。
 また来週に答え合わせをしてみましょう。

Newton 天気予報の科学
科学雑誌Newton
株式会社ニュートンプレス
2015/9/14