【社説】9カ月連続で「景気回復」と言い続ける韓国政府(朝鮮日報)
就業者の増加わずか5千人、1万人も「崩壊」... 8年6ヶ月ぶり「最悪」(ニュース1・朝鮮語)
国策シンクタンクであるKDIまで経済成長率が今年上半期の2.9%から下半期には2.8%、来年には2.7%に低下すると予想している。1人当たり所得が韓国の2倍の米国にも成長率で逆転された。国際通貨基金(IMF)は世界経済の成長率が昨年の3.7%から今年の3.9%に改善し、来年も今年のような高成長が続くと予想する。韓国だけが逆行しているのだ。

 しかし、韓国政府の認識は異なる。企画財政部(企画財政省)は公式の景気判断を盛り込んだ8月の景気動向(グリーンブック)で、景気が「回復傾向」だと指摘した。「不確実性が拡大している」という前提は付けたが、9カ月連続で「景気回復」という診断を維持した。大統領は「経済は改善している」とし、経済副首相は「潜在成長率に近い成長を記録した」と述べた。統計や景気見通しの大半が景気後退を示しているにもかかわらず、政府だけが楽観論だ。それでも与党指導部は景気悪化が「前政権の誤った政策のせいだ」と過去のせいにしている。
(引用ここまで)
統計庁が17日に発表した「7月の雇用動向」によると、先月の就業者は2708万3000人で、先月の同じ期間より5000人増加にとどまった。

就業者数の増加幅が1万人以下になったのは、2010年の1万人減少の後、8年6ヶ月ぶりだ。

今年の就業者の増加幅は1月の33万4000人から2月10万4000人と大幅に下落した後の5月まで10万人台以下を維持した。特に5月には7万2000人の増加に10万人のラインも崩壊し、6月には10万人台をなんとか維持した。7月の就業者の増加幅さえ5000人にとどまり、6カ月連続でいわゆる雇用ショックが続いた。

産業別では、製造業や宿泊飲食業の就業者の減少幅が目立った。製造業の就業者数は、前年同月比12万7000人減少し、4カ月連続で減少が続いた。昨年1月17万人の減少から1年6ヶ月ぶりに最大の減少幅である。造船、自動車などの産業構造調整で製造業況が不振に陥り、雇用が減少したと分析された。

特に最低賃金引き上げの影響も随所に現れた。賃金に敏感な業種である卸小売・宿泊飲食業の就業者は前年同月比8万人減少し、昨年12月から8カ月連続で減少が続いた。また、警備員などが属する事業施設管理・事業支援や賃貸サービス業就業者数も10万1000人(-7.2%)減少し、雇用不振に拍車をかけた。 (中略)

このように、最悪の雇用不振にもかかわらず、政府は最低賃金引き上げの影響ではなく、構造調整や天候の影響がより大きい分析した。

空ヒョンジュン統計庁雇用統計課長が「今年の最低賃金引き上げが年初から適用されたため、今月増加幅の鈍化に直接影響を与えたのかを判断しにくく、例年を見たときの就業者数の最低賃金が大きな影響を与えたとは思えない」とし「今回の猛暑により、天気が少し暑かった夏休みに(海外)旅行が増え、宿泊食事等に影響くれたではないかとみられる」と語った。
(引用ここまで)
 年初から韓国政府、大統領府共に「景気は回復している」とお題目のように唱えています。
 なにがなんでも「最低賃金上昇による雇用の損失という事実」を認めたくないのですね。
 なにしろ「善の循環を達成させた」と自ら称してしまうほどに素晴らしい政策なのですから、間違っているはずがない。
 というか間違っていないという前提で来年の最低賃金も80円、2年合わせて約30%ほど上昇させてしまうのですから、間違っているわけがないのですよ。
 間違っているとしたら現実や経済構造であって、経済政策自体は間違っていないのです。

 さて、その現実ですが。
 長らく韓国では「経済状況が正常であれば30万人ほどの雇用増加がある」とされてきました。
 少子化が進んだので減少はあるにしても、2010年代の間は20万人台前後はキープできるというのがざっくりとしたコンセンサスでした。
 それが今年になってからは1月を除けばすべて10万人台。5月は7万2000人となって「雇用ショック」という言葉が出てきました。
 そして7月には5000人とぎりぎり増加していなくはない、というレベルになったのでした。

 ちなみに10万人台にはじめて落ちこんだ2月は「寒波の影響」で、5月は「長雨の影響」
 でもって、7月は「猛暑の影響」なのだそうです。
 異常気象は雇用に影響を与えるのですねぇ(笑)。まあ、そうやって事態を認知せずに対策を怠っているというのは日本経済にとってありがたいことですね。
 「良質の雇用」とされている製造業でマイナス12万7000人……か。
 うちとしてもネタが尽きることがありません。失業率についても数字が出てる(3.7%)のですが、これはあとでやるかもしれません。

講談社コミックスの46%ポイント還元今日だけ復活気味。
大暮維人 / 西尾維新
講談社
2018/6/15