海軍、ステルス機搭載する小型空母建造推進(中央日報・朝鮮語)
海軍は10日、国防電子調達システムを介して「大型輸送艦(LPH)未来の航空機(F-35B)搭載の運用のための改造及び開場研究」というタイトルの研究を入札公告した。F-35Bは、米国のステルス戦闘機であるF-35の垂直及び着陸版である。狭い場所でも離陸と着陸が可能である。米国海兵隊がF-35Bを運用している。 (中略)

海軍は提案で「米国、日本、オーストラリアなど周辺国の動向や技術開発動向を考慮して、今後の運用中のLPHにF-35B搭載及び運用の可能性について判断が必要だ」と研究の背景を説明した。海軍は現在、大型輸送艦として独島と馬羅島を持っている。提案通りなら、F-35Bを搭載できるように独島や馬羅島を改修可能であるか打診するものだ。

しかし、政府筋は「海軍はすでに独島や馬羅島を改造する場合、大幅なコストがかかるという結論を出している」とし「今回の研究では既存艦船の改造ではなく、最初からF-35B搭載を考慮に入れて新型艦艇の建造を」と説明した。

軍関係者は「独島や馬羅島はF-35Bを収納できるスペースが不足しており、格納庫から甲板に移動するエレベーターのサイズを変えなければならず、さらにデッキはより厚く強度が高い鉄板で補強しなければならない」とし「このように固定コストが相当である」と述べた。

これにより、国防部と軍当局は、3月の新しい大型輸送艦建造事業の検討を開始した。政府当局者は「指揮部の意志が非常に強い」とし「プラスの結果が出てくるだろう」と述べた。
(引用ここまで)

 日本は所有するいずも型を改修することでF-35Bを搭載可能な軽空母……というかアメリカ海兵隊の持つ強襲揚陸艦的な運用を可能にすることができるか、という構想を抱いていることが明らかになっています。
 ひゅうが型はともかく、いずも型はエレベーターの規模から見てもF-35Bありきの設計だったので、さもありなんというところでしたが。
 以前のエントリでも書きましたが、イージス艦と組み合わせてAWACS的な使いかたができるようになるとかなり面白い運用ができるのではないかと思っています。

 それに対抗する形で韓国も「独島艦を改修すれば空母だ」みたいな話になっていたのですよ。
 でも、独島級の独島、馬羅島共に搭載機用のエレベーターをまるっきり取り替える必要があるために現実的ではない。
 やるとすれば新造艦で、というような話になっていました。
 で、今回はそれを実際に打診するということになった模様。

 ところでトルコはF-35Aを100機ほど導入打診していたのですが、今回のアメリカとの諍いもあって売却凍結。
 ただ、凍結の主要因はロシア製のS400の導入であったとされています。
 アメリカがS400のレーダーにF-35をさらすことを嫌った、というような書き方をしているところもありますね。
 さて、韓国が「韓国独自のミサイル防衛システム」として導入しようとしているKAMDというシステムがありまして。
 このうちの中距離ミサイルの天弓はまんまS400(同時期に開発されたS350Eとも)のシステムを持ってきたものとされています。特にレーダーは完全に同じとも。
 うーん?