決勝は日韓戦に!! “スーパーサブ”上田の決勝弾再び…U-21代表、苦しむもUAE撃破(ゲキサカ)

 あー、なんだかんだで決勝で日韓戦になってしまいましたね。
 日本代表は事前の目標として「準決勝進出」といっていたのですが、これは最大の試合数を行えるのが準決勝進出だったからでしょうね。準決勝で負けても3決には出られますから、試合数は変わらないわけで。
 つまり、優勝云々ではなく最大限の経験を積みたいということなのでしょう。U-23ではなくU-21で出たというのも、東京オリンピックを見据えてのことでしょうし。
 ……とはいえ、今回のメンバーから何人が東京オリンピックのメンバー18人の中に入れるんだよっていうのはけっこう疑問ですけども。

 日本が勝てる可能性があるとしたら、スコアレスで進んで後半30〜40分くらいにPKかフリーキックでゴール。そのあとを守り切るというような形か。あるいは120分スコアレスでPKで勝つか。
 U-23対U-21であり、かつ韓国代表はオーバーエイジもフルで投入、かつ海外組も投入しているほどの力の入れようなので実力差はかなりあるとは思います。
 でもまあ、マレーシアに負けるていどの連中だよな、って考えれば気は楽かも知れませんが。

 ちなみに今回のアジア大会で兵役免除を勝ち取れなかった場合、ソン・フンミンは来年末までに入隊しなければならないそうですよ。
 さらにいえば、軍組織のサッカーチームである尚武に入るには最低でも6ヶ月はKリーグに所属していなければならないので、来年の今頃はKリーグのどこかに入団していなければならないということになりますかね。

ソン・フンミン、金が取れなければ来年末まで入隊しなければならない(東亞日報・朝鮮語)

 ま、なかなかに面白い事態ではありますね。