「終戦宣言は撤回可能」=米に受け入れ訴え−韓国補佐官
韓国の文在寅大統領の外交ブレーンとして知られる文正仁・統一外交安保特別補佐官は3日、ソウル市内でのセミナーで、朝鮮戦争(1950〜53年)の終戦宣言構想について、「(一度採択されても)撤回可能だ」という見解を表明、トランプ政権に受け入れを求めた。

終戦宣言をめぐっては、北朝鮮が「緊張緩和と平和体制に向けた最初の工程だ」と位置付け、早期採択を要求。米国は「宣言は不可逆的な措置であり、非核化に向けた具体的な措置の履行を優先すべきだ」という立場を堅持し、対立している。文正仁氏の発言は、宣言の拘束力を弱めることで米側に歩み寄りを促す狙いがあるとみられる。
(引用ここまで)

 ムン・ジェイン政権における外交メンターのムン・ジョンインが「撤回もできるからアメリカは終戦宣言をすべき」と、新たな見解を表明。
 ムン・ジェインは何度も何度も「朝鮮戦争の終戦宣言を年内に行う」と言い続けています。
 とにかく終戦宣言をさせて平和路線、対話路線に引き込もうという戦略ですね。
 「韓国が運転手である」平和路線に乗せてしまえば制裁解除も近いだろうし、そもそも制裁破りなんてがたがた言われずに経済協力も有耶無耶のうちにできるだろうというやりかた。

 だけども、韓国政府以外はどこもそんな意向を見せていない。
 アメリカは「宣言は不可逆なものなのでおいそれとはできない。それよりも非核化が優先されるべきだ」という立場。
 北朝鮮は非核化をする姿勢をミリほども見せていない。検証なしでマスコミ公開された核実験場閉鎖くらいなものですか。

 で、アメリカは「非核化なしに関係正常化はない」と言い続けるだけ。
 業を煮やした北朝鮮は「このままじゃ再び危機にさらされ、決裂する」との書簡を送り、アメリカはポンペオ国務長官による北朝鮮訪問を電撃中止
 米朝関係は米朝首脳会談以前に、あるいは南北首脳会談よりも前に巻き戻りつつある。

 というわけで「撤回してもいいじゃない。まずは終戦宣言だけしちゃおうよ」という路線に切り替えてきたわけですね。
 ぼったくり居酒屋の客引きの口上そっくりで苦笑するしかないのですが。
 終戦宣言だけさせてしまえばあとはなんとでもなる、という目論見なのは間違いない。
 基本的にムン・ジェインの外交政策=ムン・ジョンインの言っていること、ですからね。
 ま、アメリカがそんなぼったくり居酒屋の客引きなんかの口車に乗るとも思えませんが。

恋愛自由自在 (角川文庫)
田中 康夫
KADOKAWA / 角川書店
2001/2/9