韓国政府、1894年東学革命の子孫探しを再開(朝鮮日報)
 韓国文化体育観光部(省に相当。文体部)は今月4日、東学農民革命参加者や子孫の名誉回復を目指す「東学農民革命参与者名誉回復審議委員会」の活動を9年ぶりに再開させると発表した。これは、1894年に起こった東学革命の参加者とその子孫を韓国政府が登録する事業だ。今月5日から東学革命の遺族登録業務がスタートした。これは「反乱軍の子孫」を「革命軍の子孫」として名誉回復するという趣旨。文体部は来年度予算に3億ウォン(約3000万円)を計上し、国会通過を待っている。しかし文体部の発表がなされるや、「124年前の事件の関係者を確認できるのか」という批判が集中した。

 同事業は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2004年に特別法が制定されてスタートした。東学革命参加者3644人、参加者遺族1万567人を確認・登録した。玄孫(やしゃご)まで子孫と認めた。ただし、法律には申請期間が定められており、09年に事業は終了した。

 ところが昨年末、東学革命の戦跡地が多い全羅道地方の国会議員らが主導する形で、申請期間の制限をなくす改正法が国会を通過した。東学革命の犠牲者は20万人から30万人と推定されているのに、およそ1万人の登録ではあまりに少ない、という理由を挙げた。その後、審議委員会は事実上常設機関と化した。
(引用ここまで)

 記事にもあるように、この政策はノ・ムヒョン政権によって主導された政策なのですね。
 その施策をそのまま復活させる。
 まあ、どうということのない下らない施策ではありますが、見る角度を変えると面白いものが見えてきます。

 この東学党の乱の子孫を探すという事業はムン・ジェイン政権はノ・ムヒョン政権からの直系政権である、というアピールなのです。
 そして、それ以外のかつての独裁政権、軍事政権、その精神を引き継いだ保守政権を認めないというアピールでもあるのですね。
 保守派根切り政策の一環なのです。
 特にノ・ムヒョン政権以降のパク・クネ政権、イ・ミョンバク政権をすりつぶす意向が透けてみえています。
 ちなみに韓国の建国が1919年であると強弁しているのも同様で、李承晩政権による韓国統治を認めたくないし、認めないという宣言なのです。


 実際、パク・クネとイ・ミョンバクがどうなったか。
 もはや韓国の公敵と化したパク・クネには二審でも有罪判決が下り、あとは大法院(最高裁)での判決が待つのみ。懲役20年以下になることはないでしょう。「獄死しろ」くらいの宣告が出るでしょうね。
 そのパク・クネと贈収賄を繰り広げたとされるサムスングループの実質的な支配者であるイ・ジェヨンにも実刑が下る可能性もあるのではないかとされている状況。

 その前の大統領であり、ノ・ムヒョンを死に追いやったイ・ミョンバクも逮捕・起訴され、一審における求刑は懲役20年というものでした。判決は10月頭の予定。
 そのイ・ミョンバク政権とずぶずぶの関係であったとされるロッテの会長であるシン・ドンビンにも地裁で懲役2年6ヶ月実刑判決が下り、二審でも求刑14年。こちらも判決は10月の予定。
 ……もうね(笑)。

 韓国で正統な政権は金大中政権、ノ・ムヒョン政権、そしてムン・ジェイン政権だけであり、その精神は1918年の大韓民国臨時政府からのみ受け継いだ「キレイナ政権」だけなのだということなのです。
 なんというかまぁ、気持ちの悪いことですね。