【コラム】文在寅政権の「一人飯」(朝鮮日報)
文大統領 特使団訪朝「期待以上の成果もたらした」(聯合ニュース)
 大統領府は「今回の特使団訪朝は成功だ」と言った。文大統領も「特使団(派遣)の結果は本当に素晴らしいことだ。期待していたよりもはるかに良い成果を持ち帰ってきた」と言った。だが、特使団に対する北朝鮮側の待遇は期待に遠く及ばないのでは、という疑念は消えない。その結果が「一人飯」という形に現れている可能性が高い。

 昨年12月に文大統領が訪中した時も、大統領府は「一人飯」騒動が降ってわいた。文大統領は4日間にわたり中国を「国賓」訪問したが、10回の食事のうち中国側関係者と共にしたのは2回だけだった。このため「外交冷遇論」が起こると、大統領府側は「食事を一緒にしなければ意味がないのか」「形式が簡素でも、内容さえ充実していれば、それが首脳会談の成果だ」と言った。

 しかし、外交では形式が実質的な内容を反映していることが多い。盛大な儀典行事まではしなくても、「一人飯」せざるを得ないほど放っておくのは、会談相手に対して明らかに礼を欠いている。文在寅政権の相次ぐ「外交での一人飯」は、対中外交・対北朝鮮政策への警告かもしれない。政府はこのことから何とかして目を背けようとするのではなく、相手の本音を冷静かつ徹底的に見極める契機にしなければならない。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが今回派遣した北朝鮮特使団へ「期待以上の成果だった」と絶賛を送ったとのこと。
 「わたしが中国でやったようにぼっち飯は素晴らしい。なので、今回の特使団のぼっち飯も素晴らしいことだ」ってな感じですかね。
 韓国外交の真髄はぼっち飯にあり。
 Viva、ぼっち飯!
 ま、それはともかく。ぼっち飯こそが韓国外交の置かれている実際の姿ですね。
 「朝鮮半島事態の運転席には韓国が乗っているのだ」って常に強弁していますが、その車には誰も乗っていなくてドライブスルーでぼっち飯極めてるっていう。

 で、その「素晴らしい成果を挙げてきた特使団」ですが、アメリカには報告に行かないとのこと。

特使団、訪朝結果持って、中国・日本に... 米国にはいつ?(ハンギョレ・朝鮮語)

 日本と中国には向かうそうですが。
 なにやら「日程がどうのこうの」と言っているのですが、それでもアメリカに行けよっていう。
 実際にはできていなくても「仲裁者」を自称するなら、やるべきことをやって周囲の評価を待っててことなのですが。
 まあ、韓国のやっていることって南北鉄道接続やら会場協業団地の共同連絡事務所再開なんかですからね。明白に北を利している。
 そんな韓国に対してアメリカが特使派遣を拒否している……というところかなぁ。
 8月下旬くらいからまた鍋が煮立ちはじめている感じです。

パール金属 ストロングマーブル懐石 内面4層+外面3層マーブル加工 寄せ鍋 15cm コンロ 付セット H-5363
パール金属(PEARL METAL)
2009/4/17