113万の失業者、通貨危機後最大……就業者数は3000人、「チビリチビリ」上昇(聯合ニュース・朝鮮語)
12日、統計庁が発表した8月の雇用動向を見ると、先月の就業者数は2千690万7千人で、1年前より3千人増にとどまった。
これは世界的な金融危機の影響によって2010年1月に1万人のマイナスを記録した後、最も低い水準だ。
就業者の増加幅は、今年2月から7ヶ月目、10万人台以下にとどまっている。

製造業で10万5千人が減り、卸売業者や小売業者や宿泊・飲食店業でもそれぞれ12万3千人、7万9千人減少した。
雇用率は60.9%で、1年前より0.3%ポイント下落した。
失業者は113万3千人で、1年前より13万4千人に増えた。 (中略)

失業率は4.0%で、1年前より0.4%ポイント上昇した。
青年層(15〜29歳)の失業率は10.0%で0.6%ポイント上昇した。これは、1999年8月10.7%を記録した後、同月基準で最も高い。
(引用ここまで)

 というわけで雇用統計の速報が出てきたのでお知らせしておきます。
 7月は前年同期比で5000人しか増えずに「7月雇用ショック」「雇用崖」とか言われていましたが、8月はついに3000人。
 まだぎりぎりプラス。
 福本風に書くと「まだだっ! まだ……ギリギリプラス。マイナスになっちゃいない。ここから。ここからが勝負時だ」ってな感じですか?
 とりあえず大統領府からの「雇用増が減っている今月の理由」は出ていませんが……。
 あ、台風! 台風19号上陸がありますよ!
 「先月は台風上陸があり、多数の雇用が失われた」でいいんじゃないでしょうかね。

 それにしても54兆ウォンもの雇用関連予算を注ぎこんでいて、年間の雇用増が3000人。
 しかも、おそらくその大半は庁舎の掃除をしている高齢者
 そもそも韓国では前年同月比で30万人の雇用増があってこそ良好な経済状況だとされてきたのですよ。
 それがいくら生産年齢人口の減少がはじまったからって数千人規模になるわけがないのですよね。
 経済政策の失敗以外の要因では。

 んー、それにしてもきついな。
 こうして数字にしっかりと出てしまうと、ムン・ジェインの無能さに焦点がよりくっきりとあってしまう。
 ムン・ジェイン政権はいろいろと統計をいじろうという気は満々ですが、さすがに雇用統計だけは無理。
 なんとかして月毎の雇用統計発表を回避できるようにはならないものか。
 初志貫徹で少なくとも5年間は所得主導成長で引っ張ってもらわないと困りますからね。