声楽専攻だから太っているのか、と思いきや…(朝鮮日報)
 兵務庁が11日に明らかにしたところによると、ソウル市内の大学の声楽科に通う同期生および先輩・後輩12人は、徴兵身体検査で太り過ぎにより社会服務要員(4級)招集対象処分を受けた。だが兵務庁による捜査の結果、容疑者らは筋肉を増やすのに使うプロテインサプリメントを数カ月間摂取し、体重を増やしたことが分かった。6カ月で体重が30キロ増えたケースもあったという。

 また兵務庁によると、容疑者らは、身体検査当日にアロエ飲料を飲むという方法も使っていた。兵務庁の関係者は「アロエ飲料に含まれる顆粒(かりゅう)は体内で吸収が遅いという点を悪用したもの」と語った。容疑者らは、検査直前にアロエ飲料を大量に飲むという方法で体重を1−2キロ上乗せしたという。 (中略)

 兵務庁の関係者は「声楽科専攻者は声量を豊かにするため体重をかなりつけることがある、という社会通念を悪用したケース。2010年以降に声楽科出身で社会服務要員判定を受けたおよそ200人についても、再検証を行いたい」と語った。兵務庁は、容疑者らがカカオトークのグループチャットを利用して徴兵逃れの方法を共有していたことを確認したという。
(引用ここまで)

 身体的に軍役に耐えられないと思われる特徴がある場合、兵役が免除されて代替服務に就くことになります。
 極端に背が低い、背が高い、極端に痩せている、もしくは太っている、弱視、色盲といった場合ですね。
 で、それを利用して兵役を忌避しようとする輩もいるのですよ。
 ラッパーが兵役に行きたくないがために歯を12本も抜いたなんて事例もありました。その後、摘発されてましたけどね。

 今年になってからも半年で30キロほど太って兵役を逃れたものの、その後に「あいつ怪しいわ」と告発されたことからわざと太ったことが判明して有罪判決(懲役6ヶ月、執行猶予1年)を受けたなんていう事件がありました。

軍入隊回避しようと…わざと116キロまで太った20代を摘発=韓国(中央日報)

 けっきょく、入隊することになったそうですわ。

 で、それと同じことを声楽科の学生がやっていたというお話。
 兵務庁側も「声楽科の学生だったらデブでも不自然ではない」というステロタイプな考えを持っていてスルーしてしまったというのが面白ポイントですかね。
 それにしてもプロテインを山ほど摂取なぁ……肝臓と腎臓が疲弊しそうなやりかたですね。

トレーニングをする前に読む本 最新スポーツ生理学と効率的カラダづくり (講談社+α文庫)
石井直方
講談社
2012/2/20