「韓国人科学者6人、既にノーベル賞級の研究成果」(朝鮮日報)
 ソウル大学の玄沢煥(ヒョン・テクファン)教授や米ハーバード大学のキム・フィリップ教授など韓国人科学者6人が既にノーベル賞受賞者レベルの研究成果を出しているとの分析結果が出された。

 これは、韓国研究財団が21日、「論文被引用側面においてノーベル科学賞受賞者級の研究成果を出した韓国人科学者の現況分析」という報告書で明らかにしたものだ。同研究財団は過去10年間にわたりノーベル科学賞受賞者たちの平均論文被引用数(ほかの論文に引用された回数)を上回った韓国人科学者は計6人で、3年以内にこれに到達すると予測される研究者も7人いると説明している。

 物理学ではキム・フィリップ教授と米ラトガース大学のチョン・サンウク教授、成均館大学の李永熙(イ・ヨンヒ)教授が論文被引用数で過去10年間にノーベル物理学賞受賞者26人の平均値を超えたことが分かった。キム・フィリップ教授は蜂の巣状の炭素新素材であるグラフェンの研究で、チョン・サンウク教授は磁場と電場が消えても磁性と電極が維持される新物質の研究で、李永熙教授は多発形態の電気電子新素材であるカーボンナノチューブの研究で、それぞれ世界的権威と言われている。

 化学で、過去10年間の受賞者26人の論文数と被引用数の平均値を上回った研究者は、玄沢煥教授と蔚山科学技術院(UNIST)のキム・グァンス教授が選ばれた。玄沢煥教授は均一なナノ粒子合成法、キム・グァンス教授はリチウム二次電池の電極新素材開発が代表的な研究成果に挙げられる。生理医学では細胞の特定分解酵素を最初に発見した延世大学のイ・ソグ教授がノーベル賞受賞者25人に匹敵する成果を出したと分析された。
(引用ここまで)

 論文被引用数は確かに大事なファクターだけど、それはイコールでノーベル賞を受賞する、受賞できるって話じゃないんだけど。
 ノーベル賞は原則として発明よりも発見。
 物事を発展させるよりも原点がどこにあったかを重視している。
 田中耕一氏がノーベル化学賞を受賞したのは、その側面がよく分かる事例だと思いますね。

 でも「我々はすでにノーベル賞クラスの人材を育成している」という記事が出てしまうほどに、韓国が自然科学部門のノーベル賞を欲しているのだということがよく分かるということでもありますが。
 そして韓国ではそういう側面からでないとノーベル賞を追うことができない、ということでもあります。

 ちなみに韓国でUNIST(蔚山科学技術院)に所属しているロドニー・オルフ特訓教授(……特訓?)が候補として挙げられている……ということで記事になっていました。

2018ノーベル賞予測結果を発表…韓国UNIST、ノーベル賞受賞予想者を確保(中央日報)

 招聘した教授がノーベル賞受賞予想者……か。
 以前にも「韓国生まれのノーベル賞受賞者」というのを取り上げていましたっけね。
 化学賞を受賞したチャールズ・ペダーセンが釜山出身だということで、そこそこの話題記事になったそうです。
 ちなみにチャールズ・ペダーセンの母親は日本人。

 来月頭からノーベル賞各賞が発表される時期になったので、韓国メディアでもこういった記事が出ているのでいくつか紹介していきましょう。