【コラム】器が小さい日本の文化庁(朝鮮日報)
日本の文化財の世界にも、同様の「器の小ささ」が広がっている。この1年間の大阪研修で知り合った関西の博物館関係者は「今の雰囲気は最悪だ」と言った。「対馬の仏像」による日本国内の反韓感情が深刻なためだ。韓国の窃盗犯たちが対馬から高麗時代の仏像を韓国に持ち込んだが、これを忠清南道瑞山市の浮石寺に引き渡すよう命じた韓国の裁判所の判決に基づき、現在まで日本に返還されていないというのが事の発端だ。

被害は韓国の博物館に及んでいる。特に高麗建国1100周年を迎えて今年12月に開催される予定の「大高麗展」がこの直撃を受けている。国立中央博物館は、開放的かつ独創的な文化を築いた高麗の総体的な面を見せるため、世界各国に散らばっている高麗時代の名品を集めているところだ。多くの名品が日本にあるため、日本側の協力が緊要だ。しかし、一部の寺や私立博物館は窓口すら閉ざし、国立・市立博物館も「日本の重要文化財に指定されている最上級の名品は貸せない」と難色を示している。

日本のある学芸員は「韓国とは関係を維持しなければならないので、私たちも貸し出したい。だが、文化庁が許可を出してくれないので困っている」と言った。作品を所蔵している機関が貸し出したいと言っているのにもかかわらず、日本の文化庁が「ノー」と言っているというのだ。日本では、国が指定した国宝や重要文化財を海外に持ち出す場合、政府の許可を受けなければならない。最上級の文化財である高麗青磁や経典、螺鈿(らでん)漆器数点が日本の重要文化財に指定されている。政府が許可しなければ、高麗展に出品もできない。

 対馬から盗まれた仏像は今からでも返すのが当然だ。略奪について確証がないのにもかかわらず盗品を返さないがために、必要な交流まで足を引っ張られているのだ。しかし、所蔵者個人の意志ではなく、政府が上から貸し出しを阻んでいるのなら、これは別次元の問題だ。高麗青磁は日本の重要文化財である前に高麗の遺産であり、子孫である韓国人たちには鑑賞する権利がある。たった1つの判決を口実に正当な文化財交流まで妨害するのは、問題をさらに大きくするだけだ。表では「クール・ジャパン」を唱えながら、裏では「アンクール」(uncool)な日本政府の後姿が苦々しい。
(引用ここまで)

 ……違うだろ。
 韓国は「差し押さえ免除法」が整備されていなくて、貸し出したものが帰ってこない可能性が高いからどの国もスルーしてるというだけ。
 今年2月にもフランスから「金属活字で印刷された最古の本」である直指心体要節の貸出を断られている
 同様に台湾からも宋代の品物を借りようとして失敗しているとのこと。
 どちらも理由は「差し押さえ免除法がない」から。
 美術品等の文化財を貸し出した際に、貸出先の国で差し押さえ申請されても回避できるという法律です。

 現状、韓国に渡ってしまった文物に対して、誰かが裁判所に仮処分を申請して通ってしまえば絶対に帰ってこない。
 対馬の仏像と同じに裁判所に保管されて、メンテナンスすらやってもらえないままになる。
 国にとって多大な損失となる可能性がある以上、韓国には貸し出せない。それだけのことなのですよね。
 まったく同じ理由で百済展が日韓双方で開催中止になったのだから、過去の事例をちょっとでも調べろよって話ですわ。

 実は日本でもこの法律が制定されたのはかなり遅く、たかだか7年前。
 台湾から故宮博物館の文化財を借りて展示するためだけに作られたといっても過言ではない法律だという話を聞いたことがあります。この場合は中国からの言いがかりに対抗するため、だそうで。
 信頼関係があったとしても法整備がないところには貸せないという台湾からの要請に応えた、という部分が大きいそうですね。
 ましてや日韓には信頼関係もない上に法整備もされていない。
 貸せるわけがないのですよね。