金正恩委員長「我々を信じてほしい」(日テレNEWS24)
文大統領(金正恩委員長の発言)「今この状況で(世界を)欺いたり時間稼ぎをして我々が得られるものはあるだろうか。我々の誠意を信じてほしい」

ニューヨークで講演を行った文大統領はこのように述べ、先週の南北首脳会談で、金委員長が、非核化の意思を信じてほしいと述べたことを明らかにした。
(引用ここまで)

 日本人の根っこのところに「トラストミーと言う人間は信用できない」という共通認識があると思いますが。
 ある人のおかげで。
 ましてや金日成、キム・ジョンイル、キム・ジョンウンと親子3代に渡って世界をだまし続けてきた北朝鮮から「今度こそ信じてほしい」って言ったところで、信じるわけがないでしょっていう。
 信頼性なんてゼロというかマイナスまである。

 アメリカは「信じてほしいなら核開発リストを提出し、IAEAとアメリカの査察を受け入れろ」としか言わないでしょうね。
 それを拒否すれば制裁が継続され、苦しい立場に追い込まれるのは北朝鮮だけ。

 そんな中、ムン・ジェインは去年、日米から拒絶された韓国からの人道支援だけでなく、国連にも人道支援を要請したとのこと。

文大統領、国連事務総長に対北人道支援を要請(朝鮮日報)

 「北朝鮮を徹底して支援する」ことしか頭にないのですね。
 国連で制裁が決議された2日後というタイミングで人道支援を発表したのはちょうど1年前か。
 そこから数ヶ月で北朝鮮の成長率はマイナスになるほどに追い詰められました。
 結果として南北首脳会談、米朝首脳会談が行われるようになり、北朝鮮は否応なしに国際社会に出てこざるを得なくなったわけですよ。
 もう世界には北朝鮮を締め上げるという選択肢しか残されていないのです。
 まあ、ムン・ジェインもそれを知った上でこうしているとは思うのですけどね……理解しているよね?

アホな総理、スゴい総理 戦後宰相31人の通信簿 (講談社+α文庫)
小林吉弥
講談社
2009/12/20