済州島観艦式自衛艦旭日旗議論増幅……日本側「前例にない、掲揚していく」(聯合ニュース・朝鮮語)
軍国主義の象徴「旭日旗」... 日本の執着の理由は?(MBC・朝鮮語)
来月済州で開かれる大韓民国海軍国際観艦式に参加する日本の海上自衛隊艦船の旭日昇天旗掲揚議論が増幅する面である。

韓国海軍は最近、国際観艦式海上査閲に参加する日本など15カ国に公文書を送り査閲参加船は自国の国旗と太極旗だけつけてほしいと要請している。 (中略)

旭日期は旧日本軍が使っていたもので、侵略戦争と軍国主義の象徴とされる。海上自衛隊は、1954年発足当時から自衛艦旗に旭日旗を採択している。
韓国海軍側は旭日旗に対する国民の反感が大きいという点を意識して旭日旗掲揚自制を要請したことが分かった。
(引用ここまで)
韓国国会が韓半島では旭日旗を使用しないようにする国内法を作るのが、むしろ現実的という提案も出てきます。

実際にそのよう法案が過去2013年の国会で発議されたが、しっかりと議論もできないまま、挫折してしまいました。
(引用ここまで)

 ここ何日か、韓国紙の国際面はこの話題が大きく出ているのですが、最初に「韓国海軍が各国に自国旗と太極旗だけを掲揚するように要請した」という記事が出た時点でなぜか「これで解決した」みたいな空気になっていたのですよ。
 「日本だけでなく、各国に向けて通達した。平等を損なっていることもないだろう」みたいな感じで「これで問題はなくなった」とばかりの報道でした。
 あくまでも全体的な感触としてそう感じた、というだけなのですけどね。

 ですが、日本側が完全に反発してしまっている。
 それも「お前らの言い分なんか知ったこっちゃない」くらいの形で。
 韓国では「意外」、もしくは「心外」みたいな扱いになっててまた苦笑。
 「韓国に対する愛情はないのかーっ!」ってヤツですね。
 なんだかんだで「日本は言うことを聞くはず」「どちらが上の国か理解しているはず」というような期待が裏切られているのです。
 まあ、そうやって日本が韓国を甘やかしてきたのも間違いない事実で、韓国をつけあがらせたのも日本の責任ではないと言い切れない部分があるのですよね……。
 そのあたりは秘録・日韓1兆円資金とかにも記述があるので、気になるかたは読んでみてください。
 「憤懣やるかたない」というのはこの本のためにある言葉だとだけ書いておきますか。

 今回の出来事はそういう旧来の日韓関係からの卒業ともいえる話になるでしょうね。
 慰安婦合意と合わせて、10年後とかに「あの辺がターニングポイントだったなー」って語るような出来事のひとつであると感じます。
 ちなみに韓国では「旭日旗を法律で禁止しよう」みたいな話も再度盛り上がりを見せているのですが、例えそれが成立したとしても船は治外法権が適用されるので手出しはできませんね。
 自衛官が制服を着て交流とかもできなくなりますね。別にそれでもいいって話なのでしょうが。

秘録・日韓1兆円資金
小倉和夫
講談社
2013/1/23