日韓AKBはOKでBTSの歌詞提供はNO 「右翼的だ」と秋元康氏を拒んだ韓国リスク(産経新聞)
iKONのJU−NE、北野武との親交問題に直筆謝罪文でお詫び(中央日報)
 世界的人気を誇る韓国の男性グループ「防弾少年団(BTS)」への作詞家、秋元康氏の楽曲提供が中止になった。「秋元氏は右翼的だ」とのファンの反発が理由だ。 (中略)

 秋元氏の演出は「右翼的だ」「性を商品化している」といったファンの間から巻き起こった非難が原因で、ファンらはインターネット上で「右翼、女性嫌悪の作詞家とのコラボレーションの即時中止を要求する」などと主張。事務所側も「ファンの懸念を十分認識している。少しだけ待ってほしい」と理解を示していた。 (中略)

 どれも誇張されたり、噂が一人歩きしたりした側面が拭えない。だが、事務所側は、一方的なレッテル貼りに抗弁することもなく、あっさり折れた。
(引用ここまで)
JU−NEは25日、自身のSNSに「申し訳ない。好きな俳優なので、他の情報を知らなかった」としながら「次からは慎重に疎通するJU−NEになる。ご心配をおかけして申し訳ない」と侘びた。

これに先立ち24日、JU−NEは日本の映画監督でありコメディ俳優の北野武(ビートたけし)との親交ぶりを表わす写真をSNSに投稿した。

これに対し、あるファンは「北野武には嫌韓論争がある。関連の文章をどうかすべて削除してほしい」とコメントした。JU−NEは該当のコメントに「ああしろこうしろ言うな。嫌だ」と答えるコメントを付けた。その後、JU−NEは該当の掲示物を削除したが、その後も論争が収まるどころか大きくなったため、直接謝った。

一方、北野武は韓国ドラマ『冬のソナタ』が日本国内で大きなブームになっていた当時、「竹島〔韓国名・独島(ドクト)〕を強奪した国のドラマに熱狂してもいいのか」と言ったり、「韓国芸能人がきれいなのは整形手術のため」「日本からお金を受け取る目的で図々しくいちゃもんをつける国」などの発言をしたりして、日本文化界の代表的な嫌韓有名人に挙げられてきた。
(引用ここまで)

 一連の旭日旗騒動でもよく分かることですが、韓国では「日本は100%韓国に跪かなければならない」という認識なのですね。
 あらゆる面で道徳的に上である韓国の言うことをすべて受け入れ、常にへりくだることしか許されない。
 多少なりとも日本的価値観や韓国に対して疑問を見せれば「右翼的」「嫌韓論争のある人物」とレッテルを貼って糾弾する。

 求めているのは毫ほどの曇りもない韓国への帰依だけ。
 鳩山由紀夫がわざわざ韓国へ行って土下座していましたし、最近も原爆被害者に謝罪していました。
 あれこそが韓国で求められている日本人像そのものなのでしょう。

鳩山元首相「日本は韓国人が受け入れるまで謝るべき」(中央日報)

 こんな連中が「善隣外交を求めるなら旭日旗を自ら降ろすべき」とか言っているんだからちゃんちゃらおかしいって話ですよ。
 韓国の信頼関係なんてないのだから、「信頼関係がない」という事実に基づいた外交をすべきなのです。

 しかし、AKBが性を商品化しているとかには苦笑。
 ぎりぎりのショーパンはいて腰振っているK-Popにはとてもじゃないけど敵いませんわ。

バカ論(新潮新書)
北野武
新潮社
2017/10/14