韓国外交部長官「国連に旭日旗問題提起の有無は…」(中央日報)
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は4日、済州(チェジュ)海軍観艦式での日本の旭日旗掲揚問題に関連して「国際社会でイシュー化しなければならないことかどうかについての問題は、もう少し多くの考慮事項があると思う」と述べた。

康長官はこの日、ソウル鍾路区(チョンノグ)外交部庁舎で行った国内メディア向けの記者会見で「外交部で、旭日旗が持つ我々国民の感情次元の問題、これに対する我々の歴史的な経験、こういうものを日本側が十分に勘案し、考慮すべきだという立場を伝達をした」と明らかにした。

康長官は国連など国際社会にこの問題を公式に提起する計画があるどうかを問う質問に「いかなる方案が可能か、また適正か検討したい」と答えた。
(引用ここまで)

 カン・ギョンファはなぜ外交部長官として起用されたのか、さっぱり分からないほどに外交経験はゼロ。ちなみに元女子アナ。
 外交経験と呼べるようなものは金大中大統領の通訳となっていたことと、国連の人権高等弁務官事務所で副代表をやっていたことくらい。
 それでも「国際経験」自体はそれなりにある人物であるといえます。

 旭日旗の問題を国外に出していったら韓国のほうが不利であるという認識があるからこそ、若干弱気を含んだ回答になっているのでしょうね。
 なんで戦後70年以上も放置してきて、いまになって禁止云々を言い出したのか。その魂胆を探られるであろうからこそ、国際社会にこの問題を提起することはできないと。
 アジア経済等の他の記事を見ると「この件については国防部に問い合わせてほしい」というコメントがあったとのことなので、より一層弱気さが際立ちますね。

 まあ、国連の場なり国際司法裁判所、スポーツ仲裁裁判所等に出てくるなりしてくれれば日本側の思う壺といえますかね。
 むしろ、日本側から「それでは国際司法裁判所に解決を頼もう」くらいのことを言い出してもよいのではないかと以前から思っていますよ。