「旭日旗」問題 海自OBは「韓国海軍の軍人が一番恥ずかしい思いをしている」と指摘(デイリー新潮)
海自「旭日旗」めぐり韓国での観艦式参加中止…新たな日韓関係“火種”に(FNN PRIMEニュース)
 そこで海自OBに解説を依頼すると、冒頭から「韓国の要望は、あり得ないほど非礼、無礼だと言わざるを得ません」と痛烈な批判を始めた。

 どれくらい非常識なのか、海自OBは喩え話を始める————。もし一部の日本人が、東京の在韓大使館に国旗=太極旗が掲揚されているのを「気に入らないから自粛させろ」との運動を始めたとしたら、我々日本人はどう思うだろうか?

「多くの日本人は呆れ、『韓国に失礼だからやめろ』との世論が高まるでしょう。逆も同じです。韓国人がソウルの在日大使館で国旗=日章旗が掲揚されているのを『気に入らないからやめさせろ』と抗議した場合、日本の世論は今より敏感に反応するはずです。旭日旗の自粛要請は、『国旗=日章旗を掲げるな』との要請に等しいのです」
(引用ここまで)
岩屋防衛大臣は、10月5日に行われた緊急記者会見で「今回残念ながら我が国として、国際観艦式への参加を見送らざるを得ないとの判断に至った」と述べ、来月10日から韓国の済州島で行われる国際観艦式への自衛隊の参加を取りやめると発表。

その理由について、岩屋防衛大臣は「今月3日に艦首及び艦尾の旗は掲げないという点が追加されました。我が国の立場としては当該統一事項を受け入れることはできない」と述べた。
(引用ここまで)

 どちらも今回の旭日旗騒動について解説している記事です。
 きっちりまとまっていて読めるので実際のリンク先に行くことをおすすめします。

 さて、b速報で「最善ではないが結果として悪くはない」と書きましたが。
 今回、最善だったのは「韓国から招待そのものをキャンセルさせる」ことでした。
 行く行かないでいえば最初から行けない状態だったので、「旭日旗を掲揚して向かう」というのは実質的に選択肢としてなし。もちろん、「観艦式で旭日旗を降ろす」なんてのは裁定の選択肢ですから、これもなし。
 で、韓国側から無理な条件を出されたということを防衛大臣自ら発表し、「これを受け入れることはできない」とアナウンスし、参加を取りやめた。
 これであればまあベターではあったでしょう。

 納得できない人もいるでしょうが、価値観はそれぞれですしね。
 慰安婦合意が発表された時に日本政府が合意したことを評価し、世界遺産登録時に「今回の韓国の外交は韓国自身に毒が回るやり方だ」と指摘したのがうちである、とだけは書いておいてもいいんじゃないかな。
 ただまあ、今回の騒動は局地戦。
 これで「旭日旗戦」とでもいうべきものが完全にスタートしたのは間違いないところです。

日本よ、情報戦はこう戦え! (扶桑社BOOKS)
山岡 鉄秀
扶桑社
2018/7/30