韓経:【コラム】韓国、ノーベル賞コンプレックスから抜け出せ(中央日報)
韓国の科学界の人たちはノーベル賞授賞式が開かれる10月になると頭を上げられない。国内総生産(GDP)比の国家研究開発予算は2015年基準1.21%で世界1位でありながらノーベル科学賞と縁がないという指摘を避けるのは難しいためだ。隣国の日本がノーベル科学賞受賞者を輩出することにでもなれば科学界に向けられた非難のレベルはさらに強くなる。

今年も全く同じだった。今月初め、京都大学の本庶佑特別教授が今年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に選ばれたというニュースが伝えられると、すぐ「22対0」という見出しの論評があふれた。日本と韓国のノーベル科学賞受賞者数が国家競争力の現住所を見せるというのが主な内容だった。 (中略)

本当の問題はノーベル賞コンプレックスが韓国科学界の環境改善につながらないというところにある。ノーベル賞受賞不発の知らせが伝えられた直後には「国家研究開発政策を基礎科学中心に再編しなければならない」「20〜30年がかかる長期研究にもっと多くの支援をしなければならない」という声に力付けられるがこうした雰囲気は長く続かない。 (中略)

いま韓国に必要なことは基礎科学に対する確固とした哲学と地道な投資だ。なぜノーベル科学賞受賞者を輩出できないのかという叱咤は10〜20年後にしても遅くない。
(引用ここまで)

 まあ、言っていることは正論。
 でも、問題は韓国で正論なんて通用するわけがないってところなのです。

 「韓国人は素晴らしい能力を持った民族である」というテーゼは、韓国国内においてはもう定理です。
 韓国においては朝に東から太陽が出るのと同じくらいの常識。
 特に日本に勝っていることは当然のことなのです。
 「いまは日本に差をつけられているけども、数学オリンピックや科学オリンピック、ブレークダンスやeスポーツで世界をリードしている韓国の若者は人材競争力で覇気も創意力も劣っている日本の和かもにに明らかに勝っている」なんて書いちゃうくらい。
 ちなみにこの記事は9年前のものですが、明白な勝負はつきましたかね?

 「韓国人は優秀」なのだけども、ノーベル賞、フィールズメダルといった世界的な科学等に関する賞を受賞できていない。

 ノーベル賞の自然科学部門では日本、インド(インド出身者)に大きく水をあけられ、台湾、中国も受賞済みなのに韓国人の受賞はゼロ。
 国会で「ノーベル賞を受賞できないなら未来創造科学部(現在の科学技術情報通信部)長官は喪服を着てこい」とか吊し上げられちゃう。
 ノーベル文学賞が取れないのは「韓国語があまりにも優秀だから」とか言っちゃうし、「ノーベル委員会は韓国語を学んで韓国人にノーベル文学賞を与えるべき」とかも語っちゃう。
 なんだったらもっと直接的に「ノーベル賞を取れないのは日本のせいだ」という本まで書いちゃうくらい。
 「未来の受賞者」の像を置くための台がいくつもあるのも同じですね。

 コンプレックスがあるからこそ韓国人だって言いかたもできるかな。
 そして、そのコンプレックスから抜け出すにはノーベル賞受賞が必要だという矛盾。
 実際に受賞したらしたで今度は1:22(もしくは24、もしくは来年以降はそれ以上の差)という目に見える数字が出ちゃってまた問題になるのでしょうけどね。

湯川秀樹博士の著作。旅人 ある物理学者の回想も今日まで60%オフ。
創造的人間 (角川ソフィア文庫)
湯川秀樹
KADOKAWA / 角川学芸出版
2017/2/25