朝鮮通信使に学べ ソウルで韓日の専門家による学術会議開催(聯合ニュース)
冷え込んだ韓日関係を改善するための解決策を歴史から学ぶための国際学術会議が12日、ソウル・韓国プレスセンターで開催された。

 同学術会議は1998年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が「韓日共同宣言」を発表してから20周年を迎えたことと、昨年10月に朝鮮通信使に関する記録物が国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されたことを記念して開かれたもので、「韓日文化交流の過去、現在、未来」がテーマ。 (中略)

 朝鮮通信使の遺産登録で韓国側の推進委員長を務めた張済国(チャン・ジェグク)東西大総長は基調講演で「これまで韓日関係を支えてきた1965年の韓日基本条約に基づいた体制は限界に直面した」とし、「韓日関係の発展のために限界となった要因を積極的に克服しようとする努力が必要だ」と強調した。

 張氏は韓日基本条約は真の和解ではなく、火種が残ったまま行われた政府間の妥協の産物であり、両国関係の緩衝材の役割を果たしていた政財界などの交流も崩壊したと指摘。また旧日本軍の慰安婦問題など条約締結当時に知られていなかった過去の歴史問題が広まったことや、韓国の国力成長により両国の国力差が縮小したことなどが韓日基本条約に基づいた体制が限界に直面した理由と説明した。
(引用ここまで)

 朝鮮通信使の話にかこつけて、日韓関係を語っているのが東西大学総長のチャン・ジェググ総長。いつの間にか総長になっていましたね、この人。
 ちょっと前まで教授職にあって、その後に副総長になったのまでは覚えていたのですが。
 日本語も話せる人物です。

 引用した部分がいまの韓国人がおおまかに持っている対日感情というか、対日戦略の底辺にあるものといえるでしょうね。
 日韓基本条約の結ばれた50年以上前に比べて韓国ははるかに力を持ち、経済力でも世界10位圏の勢力を誇示している。
 ましてや日韓基本条約は違法な軍事政権下で「韓国国民の同意なし」(ここ傍点)に結ばれたものであり、いまの韓国にはふさわしくない。
 ざっくりといえばこんな感じですかね。

 韓国の源流が大韓民国臨時政府にあり、さらにその源には三・一独立運動がある。
 この臨時政府の存在を日本政府が認め、「日韓基本条約ですべてが解決されている」という不遜な態度をやめるべきだ、という。
 似たような話は大統領選挙時にムン・ジェインの対日外交メンターとして陣営入りしていた元日本人のホサカ・ナオキ教授が語っています

 日本がゆっくりと、しかし確実に韓国との関係性をより薄く、よりフラットなものにしようとしていることに気がついているのかいないのか。
 逆に日本への要求を高めてこようというのが、これからの韓国の方向性であると思ってくれて間違いないと思いますね。

 で、それはそれとして経済や文化交流では仲良くやりましょう、韓国の主張を受け入れる形でというのが韓国がいうところの「ツートラック外交」というヤツなのです。
 まともな頭があればそんなものが通用するかどうか分かりそうなものですが。
 なぜか韓国ではこれが受け入れられていると思い違いをしているのです。
 今年の頭にはカン・ギョンファ外交部長官が「日本は韓国の提唱するツートラック外交を了承した」とかいう妄言を垂れ流していましたからね……。
 まあ、その後の日本の塩対応で実際のところはどんなものであるか噛みしめていることでしょうが。

塩対応(落款付き) 書道家が書いた漢字Tシャツ サイズ:M 黒Tシャツ 前面プリント
T-time(ティータイム)
2018/6/16