北朝鮮艇を波と識別…韓国軍アパッチヘリのレーダー(中央日報)
韓国駆逐艦のコンピューター・システム、1日1回以上作動停止(朝鮮日報)
防衛事業庁が昨年米国から導入したアパッチヘリコプターの核心装備、射撃統制レーダー(ロングボウレーダー)に欠陥が多いことが分かった。1個あたり100億ウォン(約10億円)のこの装備に不具合が見つかり、軍が意欲的に導入したアパッチヘリコプターが機能を果たさないという指摘が出ている。

韓国陸軍は西北島嶼で有事の際、北朝鮮の空気浮揚艇と高速艇および機甲部隊の活動を阻止する目的で1兆8400億ウォンを投入してアパッチヘリコプター36機を導入した。ロングボウレーダーはアパッチヘリコプターの目の役割をする装備で、探知範囲12キロ以内の128個の標的を同時に追跡できる。あまりにも高価であるため陸軍は6個だけ購入し、アパッチヘリコプター6機に1機の割合で搭載している。 しかし国会国防委所属の李種明(イ・ジョンミョン)自由韓国党議員が陸軍から提出を受けた国政監査資料によると、昨年10−11月に陸軍が実施した戦力化評価でロングボウレーダーの問題点が数多く発生したという。 (中略)

特に海上では探知すべき標的を波などと判断した。

李議員は「陸軍がアパッチヘリコプターを導入した主な目的は延坪島(ヨンピョンド)、ペクリョン島など西北島嶼で北朝鮮の空気浮揚艇(ホバークラフト)や高速艇を発見して阻止することだが、このようにレーダーが正確に機能しなければ活用度は大きく落ちるしかない」と指摘した。

これはアパッチヘリコプターが米国では陸上作戦用として開発されたため、海上ではシステムの衝突やエラーが発生するためだという。防衛事業庁の関係者は「ロングボウレーダーの問題は現在米国で改善中」とし「海上バージョンが出てくれば追加性能改良事業で再購買する」と明らかにした。すでに1個あたり100億ウォンを支払ったロングボウレーダーを海上でも使用するには追加費用を負担しなければいけないということだ。
(引用ここまで)
 韓国海軍駆逐艦の「指揮体系」(コンピューター指揮システム)が最悪の場合は0.8日に1回「シャットダウン」(作動停止)していることが分かった。586コンピューター(インテル・ペンティアムの中央演算処理装置〈CPU〉搭載コンピューター)レベルの指揮システムがアップグレードされていないために、戦闘任務遂行に致命的な支障を来すと指摘する声が上がっている。

 国会国防委員会所属の李種明(イ・ジョンミョン)議員=自由韓国党=によると、KDX−II(忠武公李舜臣〈イ・スンシン〉級)駆逐艦6隻の指揮システムの平均シャットダウン発生件数は、2013年の5.3日に1回から、今年は1.4日に1回で、約3.8倍に増加したという。すべてのKDX−I/II駆逐艦(9隻)の戦闘システム・シャットダウン件数も、13年の3.8日に1回から、今年は2.1日に1回と増えている。

 特に、同級駆逐艦「王建」(ワンゴン、KDX−II)は13年に21.7日に1回だったシャットダウン回数が、今年は0.8日に1回と、5年で26倍に増えた。同じく「崔瑩」(チェ・ヨン、KDX−II)も13年に5.13日に1回だったシャットダウン回数が0.85日に1回になった。両駆逐艦とも20時間に1回は戦闘システムが停止していることになる。 (中略)

KDX−II駆逐艦6隻のシステムをアップグレードするには2500億ウォン(約250億円)がかかるが、国防部(省に相当)は16年の性能改良計画を立てた際、予算不足を理由に断念した。KDX-I駆逐艦3隻の戦闘システムのアップグレードは現在行われている最中で、20年から順次完了する予定だ。
(引用ここまで)

 韓国陸軍は「最強の対戦車ヘリ」と呼ばれているAH-64Eを36機導入しています。
 なお、ロングボウレーダーは高価だったので6台のみ。
 ちなみに30mmチェーンガン、ヘルファイアミサイルについては訓練できる場所がないので訓練したことがないそうです。

 で、今度はロングボウレーダーが北朝鮮の船を波と誤認したということで問題になっている……ということですが。
 ……えーっと、海上哨戒任務ってアパッチの性能の範囲内でしたっけ?
 韓国陸軍がアパッチガーディアンを導入した動機というのが「 韓国陸軍は西北島嶼で有事の際、北朝鮮の空気浮揚艇と高速艇および機甲部隊の活動を阻止する」ためということなのだそうですが。
 記事にもあるようにロングボウレーダーはあくまでも陸上作戦用。タンクキラーであることがアイデンティティであるはずなのですが……。
 なぜ、ホバークラフトを探知できると思って購入した。
 「欠陥が多いことが分かった」って、それ欠陥じゃないだろうに。

 んで、李舜臣級駆逐艦KDX-IIの管制システムは1日に1回以上の頻度でハングして再起動が必要になる、ということですが。
 その原因が初代ペンティアムを使っているから、としています。
 ただ、艦船にしろ航空機にしろ枯れたシステムを導入するから、CPUがペンティアムだろうとなんだろうとそれで動く範囲の動作しかさせていないはずなのです。
 常識的には。

 ただ、韓国の場合はイギリスからライセンスしてきた管制システムに、自分のところでいろいろと後付けでたこ足配線のようにくっつけて「同世代のものよりも多くの機能を搭載した最新型の〜」みたいなことをやっているっぽいのですよ。
 ハングアップするとしたら、そのあたりが原因かなぁ……とも感じます。

 まあ、どれだけ最新のものをほしがっても運用自体が間違っているのだったらこうなるよな、という当然の結果が導き出されているだけ、ですね。