韓日関係の発展 政府だけでは難しく民間交流を=韓国外相(聯合ニュース)
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は14日、ソウル市内のホテルで開かれた韓日・日韓親善協会の祝辞で、「韓日関係の発展は両国政府の努力だけでは難しい」として、「民間レベルでより多くの交流や協力が行われなければならない」と述べた。 (中略)

康氏は「両国関係の未来志向の発展のため、何よりも両国の未来を担う若者が相手の文化や国民に対する理解を深めることが重要だ」と強調。「相手の言語を駆使する若者がより増えなければならず、観光、文化交流で若者の参加がさらに拡大されなければならない」と呼びかけた。

 また、「有能な韓国の若者が日本企業に就職すれば、日本企業が直面している人材難を解消する『ウインウイン』になれる」と述べた。
(引用ここまで)

 政府同士の交流に問題があっても、民間の交流はできるはず。文化交流や経済交流には問題ないからそちらからボトムアップで問題を解決していこう、みたいなことを性懲りもなくいってきたわけですが。
 「日本もツートラック外交に同意してくれた」という妄想が根拠になっているのかなぁ。

 まあ、韓国側はパク・クネ政権時代からこんな話をしていましたけどね。
 安倍政権は悪だから日韓関係は悪くなっているが、日本人の大半は韓国にそれとは異なる考えを持っている、心を分かち合っているはずだとか。
 日本そのものを見捨てるようなことはせず、分けて対応すべきだなんて話をよくしていました。
 政府間の仲が悪いだけ、なんてシチュエーションがあるわけがないのですよ。
 国民の大半に韓国との関係が悪化しても問題ないという認識があるからこそ、政府も安心してその方針を堅持することができるのです。

 かつてのように「韓国ってよく分からないけど可哀想な人たちなんでしょ?」みたいな関係性であれば、民間から関係性を良好にしていこうというような話も通用したのですよ。
 国会議員もおっかなびっくりで対応せざるを得ない。
 ですが、「日本人が韓国というものを知った上で嫌っている」という嫌韓新時代では、そんなことは起きえないのですね。
 そもそも文化的に交流しようにも文化財の貸し借りだってまともにできないような状況なんですから。

 あと最後の一文はもうね……。
 経済難民を輸出するような真似を「Win-Winだ」とかいってごまかすなよ。経済政策が破綻している肩代わりをさせてるだけだろ。
 「有能な韓国人の若者」であれば、国内で就職させてやれって。
 いや、もうこれはホントに韓国のためを思って言うのですが。
 「優秀な人材」をどんな形であれ、国外に流出させることは国のためになりませんよ。