日本、高麗遺物の貸出を拒否(東亞日報)
「韓国にあれば国宝や宝物に指定されていたはずの文化財です。(韓国外にあるので惜しいのですが)積極的に韓国内展示を誘致して、研究と観覧をすべきなのに…」

鄭宇澤(チョン・ウテク)前東国博物館長は、日本の東京国立博物館が所蔵している「阿彌陀三尊図」についてこのように説明しながら残念がった。 (中略)

元々この仏画は12月、ソウル龍山区(ヨンサング)にある国立中央博物館で開かれる予定の高麗建国1100周年特別展「大高麗展」で会えると期待されていた。しかし、東京博物館がレンタルを拒否し、祖国への外出は失敗に終わった。「レンタル後、安全に返してもらえる根拠を示してほしい」という日本側の要求を満たせなかったためだ。 (中略)

このような雰囲気は、2012年に対馬で発生した高麗仏像盗難事件が決定的な影響を及ぼした。当時、韓国人窃盗犯が日本の寺院で盗んだ仏像について、昨年、大田(テジョン)地裁が返還要求を拒否し、忠清南道瑞山市(チュンチョンナムド・ソサンシ)にある浮石寺(プソクサ)が仏像を持って行くよう判決を下した。その後韓国文化財を所蔵している海外の博物館や美術館は、遺物が韓国に行けば差し押さえられかねないという不安のため、展示貸出を避けているのが現状である。

これを受け、今年3月、与党「共に民主党」の盧雄來(ノ・ウンレ)議員が、「差し押さえ免除法」を代表発議した。「展示などの公益的目的で外国機関の資料をレンタルする場合、一時的な差し押さえや押収などを禁止できる」という条項新設が柱となっている。しかし、法務部が「司法部の固有権限を侵害する恐れがある」として、法案審査の保留を要請し、国会で議論すらできずにいる。
(引用ここまで)

 以前、朝鮮日報が「日本政府が博物館に圧力をかけている」だの「器が小さい」だの「アンクールだ」だの言っていた所蔵品貸出の話。
 楽韓Webでは「そんなバカな話ではなく、単に韓国の法整備が遅れているから貸し出せないだけ」という話をしましたが。
 フランスも拒否していたという事例もありましたしね。  その傍証とも言える記事が出てきたのでピックアップ。

 まあ、法律云々をする以前に所蔵品を貸し出せるような環境なのかといえばそうではない、とも言えます。
 実際に大百済展という展示を日韓併催でやろうとしたときも「韓国に物を貸したら帰ってこない」という理由で所有者から拒否されたという話もありましたから。
 言ってみれば、対馬から盗まれた観世音菩薩坐像が身を挺して他の文物を守ってくれているという状況になっているわけですね。

 とはいえ、ただ単に仏像が帰ってこないというだけの話だけでこうなっているというのもまた異なっていると思います。
 まず、もちろん「差し押さえ免除法」が整備されていないことあるでしょう。
 そして、対馬から盗まれた仏像の返却がなされていないこと。
 さらにはムン・ジェイン政権が慰安婦合意を反故にしようとしていることや、世界遺産登録時に「両国が協力で合意した」といった約束を守れない国であるということが日本人の意識の隅々にまで浸透した結果、といえるでしょうね。

 世界遺産騒動の時に「毒の外交をやってしまった韓国自身にこの毒が回るだろう」というように書きましたが。
 見事に結果が生まれていますね。

入門書としてはけっこうよい本。93%オフの99円なのでこの機会にどうぞ。
写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!
薬師寺君子
西東社
2016/1/10