文大統領と安倍首相、欧州で「対北制裁緩和vs強化」外交対決…成績は?(中央日報)
19日(以下、現地時間)、ベルギー・ブリュッセルで閉幕したアジア欧州会合(ASEM)首脳会議議長声明に「北朝鮮に対して完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)を要求する」という文言が含まれた背景には、安倍晋三首相の役割が大きかったと日本メディアの産経新聞が21日、報じた。

国際的な北朝鮮包囲網に穴をあけてはいけないという安倍首相の主張が理解されたということだ。 (中略)

安倍首相は全体首脳会議に先立ち、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相と個別会談を行った。そしてこの席で「北朝鮮非核化のためには国連安保理決議に伴う制裁を完全に履行する必要がある」という認識を事前に共有した。

産経は「韓国の文在寅大(ムン・ジェイン)統領は安倍首相の直前にマクロン氏と会談し、制裁緩和を働きかけるなど、日韓の対北政策のほころびもあらわになっていた」としつつも「(安倍)首相は独仏とともに議論を引っ張る流れをつくり、中韓の主張をはねのけることに成功した」と主張した。

実際、マクロン大統領は15日、文大統領から「制裁緩和に取り組んでほしい」という趣旨の働きかけを受けた2日後の17日に安倍首相と会談して「国連制裁の維持と北朝鮮の制裁逃れ阻止」に意気投合した。

そのため産経は、「北朝鮮をめぐって日韓首脳の立場が異なる中、マクロン氏は『安倍氏の同盟相手』になった」と評した仏紙「ル・モンド」の報道を引用したりもした。 (中略)

読売新聞は21日、「韓国とEUの首脳会談で、北朝鮮をめぐる温度差から、予定していた共同声明の採択が見送られていた」とEU側消息筋を引用して報じた。

読売が入手したEU側の共同声明の草案には「(北朝鮮について)我々は完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を引き続き求めていく」「全ての国が国連安保理決議を完全に履行することの重要性を強調する」と明記されている。

「非核化に向けたこれまでの成果に力点を置いた声明にしたい」という韓国側の主張が制裁の維持を強調したいEU側と折り合えなかったとし、会議後の共同声明の見送りは異例だと読売は伝えた。

これについて青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「読売記事は明白な誤報」という立場を出した。青瓦台関係者は21日、「CVIDという表現で共同声明が見送られたのではなく、イラン核協定とウクライナ事態の部分で、我々に米露の立場に反する内容を入れようとEUが強く提案したため」と説明した。
(引用ここまで)

 日韓で対ヨーロッパの外交対決……か。
 あまり日本は関係ないように思えますけどね。
 韓国側の思惑に中露以外の世界が乗らなかったというだけで。

 アメリカメディアは「ムン・ジェインは北朝鮮のスポークスマンになった」と断じていましたが、そのスポークスマンの口上に乗るような国はひとつもなかったというだけ。
 日韓云々についてはASEMに向けてムン・ジェインと安倍総理が同時期に訪欧したというだけの話。
 「安倍総理がやってきたので北朝鮮への制裁緩和に同調してもらえなかった」なんてこたなくて、ムン・ジェインの言っていることがそもそも無理筋なだけ。

 日本が北朝鮮制裁路線を堅持しているので、欧州各国はムン・ジェインの話に耳を傾けなかったということにしたいのかもしれないですけどね。
 そもそもの外交方針が間違っている、ということを認めたくはないでしょう。
 失敗したのは敵対勢力がいたからだ、とすれば失点を小さく見せることができますからね。
 「制裁緩和を公論化することに成功」したので、大統領府は今回の訪欧を70点と評価しているそうですよ。
 まあ……あれで合格点だというのなら、そういった世界線もありなのかもしれません。
 ムン・ジェインの能力にしてはよくやった、ということかな。

米韓同盟消滅(新潮新書)
鈴置高史
新潮社
2018/10/17