インドネシア、韓国との戦闘機共同開発投資を削減へ(朝鮮日報)
 韓国と次世代戦闘機(KF-X / IF-X)の共同投資・開発事業を進めてきたインドネシアが、新興国の金融不安などによる財政的負担を理由に再交渉に乗り出すことを決めた。インドネシアは韓国型戦闘機(KF-X)開発費8兆5000億ウォン(約8500億円)のうち、20%に当たる1兆7000億ウォン(約1700億円)を負担することになっており、2026年までの開発計画に支障が懸念される。 (中略)

 現地メディアや関連当局が21日に明らかにしたところによると、インドネシアのウィラント政治・治安担当調整相は19日、記者らに対し、インドネシア政府がKF-X / IF-X事業の参加条件を再交渉することにしたと発表したとのことだ。ウィラント調整相は「国の経済状況を考慮して、(ジョコ・ウィドド)大統領が再交渉を決定した。したがって、我々は財政関連事項でインドネシアの負担が減るよう再交渉をする」と述べた。ウィラント調整相はそのために特別チームを別途組織し、直接交渉を陣頭指揮することにしたという。インドネシアは、全開発費の20%を投資して試作機1機と各種技術資料の提供を受けた後、次世代戦闘機50機をインドネシアで現地生産する計画だった。 (中略)

 インドネシア政府はKF-X / IF-X事業を引き続き推進する代わり、再交渉することで自国の事業費負担を軽減し、技術移転項目を増やしたいという考えだ。
(引用ここまで)

 悲報でもあり、朗報でもあるといったところですか。
 韓国の立場から見た時、インドネシアの負担軽減は悲報ではあります。
 ですが、インドネシアが開発そのものから離脱しなかったということは朗報といえるでしょう。
 特に今回はインドネシアが契約変更を求めてきたということで、さらなるぐだぐださが期待できますね。

 以前に韓国の国家情報院(悪名高き旧KCIA)がインドネシア特使の宿泊先に侵入して失敗するなんて事態もありまして。
 あのときはKF-X/IF-XではなくT-50やK-2の輸出に関しての情報を知るためという名目でしたっけね。
 スパイが侵入先で相手と鉢合わせるって……しかも韓国国内のホテルでですよ。どんだけマヌケだ……。
 まあ、こんな感じのぐだぐださが期待できるというわけで、楽韓Webにとっても朗報といえるでしょう。
 K-2にしてもKF-Xにしても事業継続してもらわないことにはネタに困るという部分もありますので(笑)。
 
 そもそも開発費の分担は「韓国政府が60%、KAI(韓国航空宇宙産業)が20%、インドネシアが20%」という比率。
 そして、インドネシアとの契約主体がなぜか私企業であるKAIになっていまして。
 つまり、インドネシアが離脱した場合、その全額をKAIがひっかぶるという契約になっているのです。
 いや、なんでこんな契約になっているのか不明なのですが。
 場合によってはKAIが潰れるという事態にもなりかねなかったのですね。

 そのあたりの契約も見直されることになるのでしょう。さすがに。
 インドネシア的には「一応はIF-Xのラインも残しておこう」という感じですかね。けっきょく、分担金の支払いはまだとのことですし。
 50機のKF-Xだったら同数のF-16の中古で半分はアップグレードキット適用、もしくはグリペンでいいと思うんだけどなぁ……。
 地域大国の意地として「自国生産」にこだわりがあるのでしょうね、おそらくは。

インドネシア イスラーム大国の変貌―躍進がもたらす新たな危機―(新潮選書)
小川忠
新潮社
2016/9/23