【時視各角】GMは憎いが…=韓国(中央日報)
「答えがない」。研究開発法人の分割でまた騒がしくなった韓国GM問題に対する専門家らの反応は同じだった。年初の韓国GM資金支援交渉に直接的または間接的に関与したある国策研究所の研究員の声には力がなかった。

「GMは結局、離れていくだろう。法人分割はそのための『減量』であることを否定できない。GMは離れるまで構造調整という名目で人員を減らし、政府には支援を要求する可能性が高い。雇用を担保にした駆け引きは選挙のたびに浮上するだろう」。

行き過ぎた不信感と見ることはできない。10年前の金融危機で死んで復活したGMの第1目標は過去のような規模ではなく生存と収益だ。投資会議でメアリー・バーラGM最高経営責任者(CEO)の質問はいつも同じだ。「私たちが収益を出せるか。ここがこの資本を投資する最高の場所か」。GMが株主の76%を占めるウォール街機関投資家の収益追求圧力に耐える手段はない。

現在の韓国GMを見ると、まだ研究開発能力を高く評価されるているだけ幸いという気がする。生産はますます減り、赤字は1年に1兆ウォン(約1000億円)近く増える。クォン・スンウォン淑明女子大経営学部教授は「それでもGMが韓国を離れないのは政府の支援金のためだけではない」と話す。韓国の安くて良い部品供給能力と研究開発能力のためということだ。まだ、こうした長所が強硬な労働組合と低い自動車生産性という短所を相殺している。 (中略)

GMの法人分割は実際、防ぐ方法がない。産業銀行があいまいな立場を見せるのもそのためだ。むしろ発想の転換が必要となる。韓国GMの研究開発能力をさらに最大化し、これを韓国内の生産と結びつけるようGMに圧力を加えるのが現実的かもしれない。 (中略)

韓国政府と地域社会、労働組合のような利害関係者が眼中にないGMの経営には憎しみを感じる。しかし感情だけで問題を解決することはできない。税金を投入して雇用を要請するようなことをやめるには、状況を冷静に把握して方法を探さなければいけない。その方法が今の国民感情とは合わなくてもだ。政府や政治家にそのような勇気があるかは分からない。
(引用ここまで)

 研究開発部門と生産部門を分社化しようとしている韓国GMについての記事。
 半年前に8000億ウォンを資本注入して正常化させた韓国政府、および大株主であるはずの産業銀行も合法である分社化になんら文句が言えない状態。
 労組もストライキで対抗しようとしたのだけども「抗議すべき問題ではない」と中労委から言われてストライキ不許可。
 なんの問題もなく分社化が進んでしまっている状況。

 生産部門から撤退へのステップであるのは間違いないでしょう。
 そうするつもりがなければ、そもそも分社化なんて必要ないわけですし。いつでも切り捨てられるようにしているわけです。
 資本注入した際に「今後10年は撤退しない」という契約になったとのことですが、分社化した生産部門は撤退しても契約は違えていないとはいえるわけですよ。
 ちなみに群山工場は閉鎖されましたが、韓国GMは他に韓国内に3つの工場を持っていまして、1万1700人ほどを生産職として雇用しています
 うまいことこれらの工場を使って韓国政府からさらなる援助を引き出そうとするのでしょう。
 2000人規模の群山工場が閉められただけで周囲は火が消えたような状況になっているそうですからね。
 5月から6月にかけて雇用が低迷したのは群山工場の閉鎖で周辺地域の雇用が脅かされたから、という分析もあったほどです。

 で、そういった経営方針を掲げているGMに対して中央日報が「地域社会、労組のような利害関係者が眼中にないGMの経営には憎しみを感じる」ですって。
 その憎しみを向ける対象って本当にGMが適当なんでしょうかね?
 雇用を人質にして政府支援を引き出しているというのは批判としてありでしょうが、そこまで韓国GMを追いこんだのは労組でしょうに。
 アメリカの工場よりも賃金が高いくせに、生産性は世界最悪レベル。
 それを是認してきた韓国社会の問題であり、韓国GMがやっているのは自衛に過ぎないとしか思えませんわ。自分が経営者ならとっととアメリカに逃げ帰ってます。
 むしろよくやってくれてるレベル。