“嫉妬した”日本、防弾少年団の揚げ足取り? 原爆Tシャツ「非常識」(中央日報)
日本メディアの東京スポーツは今月26日、「韓国・防弾少年団(BTS)の非常識『原爆Tシャツ』 リーダーは日本批判ツイート」というタイトルの記事を掲載した。

このメディアは、メンバーのジミン(23)が韓国のネットニュースを通じて光復節(解放記念日)記念に原爆Tシャツを着ていることが公開されたことに対して「あまりに非常識」とし「反日活動」をしていると伝えた。

また、リーダーのRM(24)が2013年の光復節を迎えてツイッターに「…歴史を忘れた民族には未来はありません。(中略)独立闘士の方々に改めて感謝する…」と書いたことに対しては「(防弾少年団は)日本でも大人気のグループ。それなのに、反日姿勢を隠すことがない」とした。RMがツイートした該当のコメントについては「『歴史を忘れた民族』とは、韓国が日本を批判する決まり文句」と説明した。

このメディアは、防弾少年団のこのような行動を「非常識」と非難しながら、「自国の歴史に対する根強いコンプレックスが表れている」と指摘した。
(引用ここまで)

 以前に楽韓Webでも伝えた防弾少年団というグループのメンバーが原爆Tシャツを着ているという件が東スポで報じられています。

韓国・防弾少年団(BTS)の非常識「原爆Tシャツ」 リーダーは日本批判ツイート(東スポWeb)

 で、その東スポの記事が韓国に伝わって「日本人が嫉妬している」という話になる。
 ……この韓国人がいうところの「嫉妬しているから云々」という感覚がいつまで経ってもさっぱり理解できないのですよ。
 いや、今回もこの原爆Tシャツ云々が日本で話題になっているという話が韓国に伝われば「それは日本が防弾少年団の人気に嫉妬しているからだ」というようになるだろうなぁ……とは思っていました。
 で、その原因が心理学でいうところの防衛機制の投影であるということも理解しています。

 ですが、根本的なところで韓国人が「人気に嫉妬しているから非難している」という物事の捉え方をしている理由がつかめない。
 なんとなくですが、もやっと掴めているものはあるのですが、まだ言語化には至っていない感じです。
 ともあれ日本人と韓国人というものの最大の違いがこのあたりにあるように感じますね。
 それがいい悪いを別にして。

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学 (河出文庫)
ジョー・ナヴァロ / マーヴィン・カーリンズ
河出書房新社
2012/12/6