日本議員団「受け入れられない」 韓国野党代表「我々は被害者」=徴用判決で(聯合ニュース)
韓国の最大野党「自由韓国党」の金秉準(キム・ビョンジュン)非常対策委員長は5日、国会を訪問した塩崎恭久衆院議員を団長とする訪韓団と会談し、大法院(最高裁)が新日鉄住金に対し日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者に賠償を命じる判決を下したことを巡り舌戦を交わした。

 塩崎氏は1965年の日韓請求権協定により、請求権問題は完全かつ最終的に解決したとして、判決はこれに反するものだと指摘。判決は両国関係の法的基盤を根本から覆すもので、受け入れられないとの姿勢を示し、韓国政府や国会の真摯(しんし)な対応を求めた。

 これに対し、金氏は「韓国の国民の立場からはわれわれは常に歴史問題で被害者だった」として、「法的な問題に関連しても反論があると思うが、韓国人の基本的な情緒は日本がわれわれに被害を与えたという点であることを勘案し、両国関係の発展をその上で新しくつくっていくことを望んでいる」と表明。「日本がわれわれに与えた被害に対する韓国国民の感情が依然高い状態で、この会合は次世代指導者の交流のためのものであり、未来志向の発言が出ることを望む」と述べた。 (中略)

 孫氏は「韓国と日本が賠償問題を合理的に解決するよう取り組むべきで、政治的な対決関係に発展させるのは適切ではない」として、「塩崎団長の発言は残念だ」と述べた。その上で、「韓日間で良いものはさらに発展させ、望ましくなかった歴史に対し謝罪すべきことは謝罪し、賠償すべきことは賠償しながら未来に向けていかなければならない」として、「日本政府や日本の政治も韓日関係の発展のため、肯定的な側面をみてほしい」と述べた。

 塩崎氏らは韓日・日韓協力委員会の次世代指導者交流事業に参加するため、韓国を訪問した。
(引用ここまで)

 「次世代指導者交流事業」で韓国を訪問した日本の国会議員に対して、韓国の国会議員の言葉が……

 「韓国人の基本的な情緒は日本がわれわれに被害を与えたという点であることを勘案し、両国関係の発展をその上で新しくつくっていくことを望んでいる」

 というものであった……か。

 パク・クネの1000年被害者宣言は韓国人の認識を述べているという意味では、ミリほどもずれていない完璧な言葉だったということですね。
 要するに「いつまで経とうと我々は被害者なのだから、それに基づいた両国関係しか認めない。我々が謝罪しろと言えば謝罪し、賠償しろと言えば賠償しろ」と。
 日本はそんな条件の上で「両国関係の発展を作っていく」ことを望んでいないので、もはや基本路線は別れ行きしかないのです。
 日韓間に接点はあってもよいでしょうが、そこから発展しようとか未来志向の関係を作り上げるなんてことは諦めるべきですね。

 立法府であってですらこのていどの認識なのですから、大統領府からなんの発表もないという状況も不思議はない。
 「日韓両国が関係悪化しないよう努力すべき」とか無理。
 今回訪問したのは「自由韓国党」と「正しい未来党」のふたつ。この政党はセヌリ党から分裂した保守派政党です。
 保守派政党でこの体たらくなら、与党である共に民主党なんかはもう目も当てられないでしょうね。
 ま、目も当てられないくらいのほうが、日本にとっては都合がいいともいえますけども。

ただいま半額セール中。
なぜ日本人は韓国に嫌悪感を覚えるのか
室谷克実
飛鳥新社
2018/3/29