「日本の過激な発言に深い憂慮」 賢明な対処促す=徴用判決で韓国首相(聯合ニュース)
 李首相は「日本政府の指導者たちの発言は妥当ではなく、賢明でもない」と指摘した。

 また、「司法部の判断は政府間外交の事案ではない」として「司法部は法的な判断をする機関で、司法部の判断には政府が介入しないことが民主主義の根源だ。日本政府の指導者たちもそれが分からないはずがない」と強調した。

 その上で、「大法院の判決は1965年の韓日基本条約を否定したものではなく、条約を認めながらその土台の上で条約の適用範囲を判断したもの」として、「私はこの問題に対する言及を最大限自制し、政府の関連官庁や民間専門家の知恵を集め対応策を講じるため努力している」と説明した。

 李首相は「日本政府の指導者たちは韓国司法部の判断に不満は言える」としながらも、「だが、日本政府の指導者たちがこの問題を外交紛争に持ち込もうとし、私もそれに関する意見を言わざるを得なくなったことを遺憾に思う」と強調。「日本政府の指導者たちの賢明な対処を要望する」と促した。
(引用ここまで)

 6日に記者らのスマートフォンにSMSで「日本政府は判決への非難をやめろ」「国民感情を刺激するな」とコメントした外交部に続いて、韓国の首相からも同様のコメントが出ました。
 7日の午後に記者らにペーパーを配布したとのことで、これまた記者会見ではなかったとのこと。
 どうしてもなにがあっても記者からの質問には答えたくないというわけですね。
 いや、実際にはなにも対応が決まっていないから「答えられない」のか。

 今回のコメントでは「日本の指導者らが司法の判断に不満を言うことはできる」としながらも「発言は妥当ではなく、賢明でもない」とか謎の上から目線になってます。
 韓国側は三権分立がどうこうだの言ってますが、日本側は国の総体として条約を守れって話をしてるのです。
 ちょうど7日午前の官房長官定例記者会見で菅官房長官がそんなことを話しています。

菅官房長官「判決確定で韓国は国際法違反」 徴用工判決で対日批判に重ねて表明(産経新聞)

 最高裁がそんな判決を出したのであれば、それに対して「日韓基本条約、請求権協定で解決済みなので韓国政府が支払いに当たる」と表明しろよって話を総理も外相も官房長官も言っているのですよ。
 いまのように違反した状態が続くのであれば、当該国として条約違反、国際法違反だと指摘すべき。

 で、判決から今日で10日が経過しようというのに、いまだに「政府の関連官庁や民間専門家の知恵を集め対応策を講じるため努力している」とアナウンスするのがやっと。
 日本側から糾弾されて当然でしょ。

ただいま半額以下のセール中。
なぜ日本人は韓国に嫌悪感を覚えるのか
室谷克実
飛鳥新社
2018/3/29