「原爆Tシャツ」「ナチス帽」で苦境のBTS 全米1位の裏にある“異常”な実態(ITmediaビジネス)
 そこで今回、あらためてこのBTSというグループの実態について調べてみると、なかなか興味深いことが見えてきた。そもそも英語の歌を歌っていなかったBTSが「全米ヒットチャート1位」になった背景には何があるのか。英語圏での本当の評価はどんなものなのか。そしてそうした背景から、今回の騒動はどこに行くのかを探ってみたい。

 まずBTSとは何者か。

 BTSのデビューは2013年。その後、ソーシャルメディアでの動きが活発になり、16年には米フォーブス誌の「ここ30日で最もリツイートされたアーティスト」という世界的なランキングで、なぜか突然、米大物歌手のカニエ・ウェストやジャスティン・ビーバーなどを押しのけて、BTS(Bangtan Boys)がトップになるという現象が起きている。

 この話で思い出すのは、米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」だ。これには随分前から読者がネットで投票できるシステムがあったのだが、なぜか06年から、世界的に知られているとは言い難い韓国人アーティストが何年も続けてトップになるという現象が起きて話題になっていた。おそらくファンが、ネットを使ってどんどん投票を行ったのだろうとの声もあった。 (中略)

BTSの活動を支えてきたのは、「アーミー」と呼ばれる熱心なファンたちで、彼らがBTSをつくったと言っても過言ではない。

 アーミーは、ネットなどどこかに投票できるチャンスがあれば飛びつき、ソーシャルメディアなどでもBTSを推すことに余念がなかった。例えば、ネット投票で決まるビルボード音楽賞のトップ・ソーシャル・アーティストというランキングでは、17年と18年にジャスティン・ビーバーをおさえてトップになったのがBTSだった。この賞は世界で最もネットで人気のあるアーティストを決めるという触れ込みで、韓国人アーティストとしてはBTSが史上初の快挙ということになっているが、世界で最も人気があるというのは、申し訳ないがちょっと違うと多くの人が思ったはずだ。

 実は、BTSは10月25日に初めて英語の曲を米国で発売した。だが残念ながら売り上げはパッとせず、全米シングルチャート「ビルボード100」ランキングでは、現時点で最高89位にとどまっている。どうもBTSやK-POPが米国で旋風を巻き起こしているというのは言い過ぎのように感じる。

 もっと言えば、アーティストとしての評判は米英の評価を見ている限り芳しくないようだ。英ガーディアン紙の評価は「あまりにありふれた作品」と特に辛辣(しんらつ)で、「曲を聞いたすぐ後でも何も記憶に残らない。右から入った音楽がそのまま左の耳から出ていってしまい、何の印象もない」と書き、「ソーシャルメディアのファンの力による口コミをここまでうまく生かしたものはなかった」と皮肉っている。

 ただこの「ファンの力」という指摘は一理ある。BTSがビルボードでナンバーワンになったのは、熱狂的なアーミーを中心としたファンの力が大きい。とはいえ、アーミーらのサポートは常軌を逸したものだと言える。
(引用ここまで)

 え、まさか。
 あのビルボードアルバムチャートで1位を獲得して、えーっとなんだっけ……これまたビルボードの「トップソーシャルアーティスト」で2年連続の1位、それもジャスティン・ビーバーを2位に従えての1位という防弾少年団(BTS)ですよ?
 ついでにいえば記事中のTime100投票で2018年の1位は17%の得票を集めたBTSさんでした。ちなみに2位はムン・ジェイン(笑)。参考リンク:Here Are the Winners of the 2018 TIME 100 Poll (So Far)
 2007年から何年かはニンジャアサシン撮影時に体脂肪ゼロ%で、実はすでに死んでいるのではと噂されたピさんが、2015年には2NE1のCLさんが1位だったアレです。2016年にはBIGABANGさんが僅差の2位でした。韓国人がトップかそれに近い成績を奪取するのはお馴染みのアレ。

 そんな輝かしい経歴を持つ彼らBTSが満を持して10月28日に発売した初の英語版シングルが発売2週後にようやくビルボードホット100で初登場89位なんてことあるわけがないじゃないですか。

btschart

 うわ、ホンマやった(お約束)。

 防弾少年団のビルボード1位はファンによって操作されたものだというエントリを書いた際に、iTunesチャートからクリス・ウーが排除されたというニュースも扱いましたが、彼らの場合も同様にVPNでロケーションを偽装した再生回数なんかを消されたのでしょうね。
 ちょっと曲も聴いてみたんですが、ホントに「右耳から左耳に流れる」だけのものでした。なんの印象もない。

 ちなみに防弾少年団はiTunesの日本におけるランキングにも存在しなくなりました。 → 参考リンク:iTunesのランキング(日本)
 さらにいうとアメリカのランキングにも存在しません。 → 参考リンク:iTunes Charts
 ……この人たちはどこで売れてるんですかね?

 「YouTubeで歴代最も再生された曲」であったPSYの江南スタイルですが、去年の時点でアメリカのラッパーに再生回数で追い抜かれてました。
 おまけにいうと、LINKIN PARKのNumbという曲があるのですが。
 去年7月にリードボーカルのチェスター・ベニントンが亡くなってから、ファンから誰ともなしに「YouTubeで10億回再生を目指そう」という呼びかけがあって1年ちょっとで達成しています。うちもそのうちの何回かの再生回数にカウントされているはず。

リンキン・パーク、YouTubeで「Numb」のMV視聴回数が10億突破(bark)

 まあ、ファンがいれば力業でこういうことはいくらでもできるのだな、という例として。というか自分用メモとして記しておきたかっただけかな。

Meteora
LINKIN PARK
2003/3/24
Warner Bros.