河野外相、また強制徴用賠償判決非難 「両国の関係が非常に厳しくなる」(中央日報)
強制徴用判決 「河野外相の非難に失望」=韓国外交部が声明(聯合ニュース)
14日、日本メディアによると、河野外相はこの日の衆議院外務委員会で「韓国との間では、自衛隊の旗の問題や国会議員の竹島への上陸など、未来志向とはとても言えない動きが続いていたが、今回の判決はこうしたものとは全く性質が違う」とし「両国関係の法的基盤を根本から覆すものだ」と述べた。

河野外相は続いて「韓国側で直ちに適切に対処してもらわなければ、両国の関係が非常に厳しくなる」としながら「しっかり対応してくれると信じているが、万が一、そうしたことが行われない場合には、国際裁判を含め、あらゆる選択肢を視野に入れ、毅然(きぜん)と対応していく」と述べた。
(引用ここまで)
 韓国外交部は15日、日本の河野太郎外相が、新日鉄住金に強制徴用被害者への賠償を命じた韓国大法院(最高裁)の判決を非難する発言を繰り返したことについて「失望を禁じえない」との報道官声明を発表した。

 外交部は声明で「政府は大法院の判決を受け、2度にわたる立場表明を通じ、司法判断を尊重することが民主主義の根幹であることを明確にし、諸般の要素を総合的に考慮し、対応策を講じることを明らかにした」と強調した。

 「日本政府の指導者に対し、今回の判決により韓日関係の未来志向的な発展に障害が生じないよう、複数のルートを通じ賢明な対処を要請した」とした上で、過激な発言は問題解決に全く役に立たないと指摘した。

 また、「政府は未来志向的な韓日関係の発展に向け努力を続けるとの立場に変わりはない」としながら、日本政府に対し正しい対応を促した。
(引用ここまで)

 河野外相が徴用工裁判の判決に対して3度目か4度目の言及。
 だいたい、1週間に2回くらいのペースで言及しているって感じですね。
 こうして事ある毎に言うべきことでもありますけども。
 圧力をかけ続けることで風化を防ぐということでもありますか。

 で、それに対してまたも韓国外交部から「失望を禁じえない」とリアクション。
 河野外相からの発言があったら反応せざるをえないのでしょうが。
 そんなトムとジェリーみたいなお決まりのリアクションじゃなくて、必要なのは対応策なんですけどね……。

 さて、河野外相曰く「両国関係の法的基盤を根本から覆すものだ」という話なのですが。
 まったくその通りですね。
 楽韓Webでは事前から「徴用工裁判の判決如何によっては日韓関係は崩壊する」「時限爆弾が炸裂する」と言ってきましたが、それ以上の状況になりそうです。
 これを回復するためには韓国政府が日韓基本条約に従って「請求先は韓国政府である」という宣言をする以外にないのですが、それをやったら政権は死ぬこと間違いなし。
 韓国がやるのは「基金を作ってそこに日本政府、日本企業も参加させる」が上限となると思われますが、日本政府はそれを受け入れることはない。
 韓国政府が賠償を引き受けないかぎり、国際司法裁判所に直行コースなのですよ。

 今回の外交部のコメントを見ても、「未来志向の日韓関係を」とか薄らとぼけた話をしていて日韓関係が終焉の縁にあることを理解していないような気がするのですが。
 さすがにそれはないか……。