韓国人のラーメン消費量世界1位…最も人気のラーメンは?(中央日報)
韓国人はラーメンをどれほど頻繁に食べるのだろうか。世界インスタントラーメン協会(WINA)によると、韓国は昨年1人当たり年間73.7袋のラーメンを摂取し、ラーメン消費量が最も多い国にランクインし、最も人気の高いラーメンは辛ラーメンであることが分かった。

韓国ギャラップが2018年10月23日から25日まで全国満19歳以上の男女1001人を対象に一番好きなラーメンブランドを調査した結果、回答者のうち29%が「辛ラーメン」と答えた。次いで「チンラーメン」(オットゥギ)、「ユッケジャンカップラーメン」(農心)、「スナック麺」(オットゥギ)、「海産物湯麺」(農心)となった。 (中略)

また、最近一週間のラーメン取食頻度は「1回」が27%で最も多く、「2回」13%、「3回以上」8%など成人47%が週に1回以上ラーメンを食べていると回答した。週間平均ラーメン取食頻度は男性(1.18回)が女性(0.73回)を上回った。成人全体のラーメン取食頻度は週間平均0.95回で、年間52週を基準に換算すると49回食べていることが明らかになった。
(引用ここまで)

 2015年以来のインスタントラーメン消費量に関する話題。
 2014年のひとりあたりの年間消費量は76食でしたが、去年は73.7食。
 2013年は74.1食でした。
 ざっくりとですが、平均で1年73〜76食くらいのインスタントラーメンを食べている、ということですね。

 タイ、ベトナム、インドネシアがそれに続いて50食くらい。
 年間で20食くらいの差があるのですね。ひとりあたりのGDPはタイが7000ドル、ベトナムが2350ドル、インドネシアが3850ドル。だいたい。
 韓国が圧倒的なのですよ。

 以前にも書いたのですが、あるていど以上は経済が成長しているはずの韓国がこれほどにインスタントラーメンを食べている理由を考察すると、実は国民があるていどの貧乏だからじゃないか……と考えられるのですよ。
 韓国では1食60円ほどの袋麺がメイン。すべての人が週1.5回食べている……というよりは、一定以下の経済力の層が好んで(?)食べている、のでしょう。
 経済格差が大きいからこそ、という結果ではないかと思われます。

 ちなみに日本は44食くらいだそうです。