首相、韓国大統領と立ち話 徴用工問題、双方に不信感か(朝日新聞)
安倍首相、韓国大統領と再び立ち話=中国主席とも握手(時事通信)
 安倍晋三首相は15日、訪問先のシンガポールで開かれた東アジア首脳会議の昼食会で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と立ち話をした。両氏は韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工への賠償を命じる判決を出してから初めての接触だったが、日本側によると「あいさつ程度」。双方に不信感が根強く、激しいやり取りになるのを避けたとみられる。

日本側の説明によると、昼食会に先立って開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓の首脳会議では握手を交わした。外務省幹部によると、判決は受け入れられないという日本政府の立場はすでに伝えており、改めて首脳同士で話し合う必要はないと判断したという。

 18日にはパプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でも文氏と同席する予定だが、会談する予定はないという。

 韓国大統領府関係者も、今回は安倍氏との会談を調整していなかったと明かした。安倍氏が「あり得ない判決」と激しく批判したことに大統領周辺でも「司法判断に政治が対応しろということか」と反発が広がっていた。
(引用ここまで)
安倍晋三首相は17日、パプアニューギニアの首都ポートモレスビーのアジア太平洋経済協力会議(APEC)参加国首脳待合室で、韓国の文在寅大統領と立ったまま「あいさつ程度の会話」を交わした。

 副長官によると、大勢の首脳が待合室であいさつを交わす中、首相と文氏は短時間、「社交の会話」をした。握手はしなかった。
(引用ここまで)

 シンガポールでのASEAN首脳会議、およびパプアニューギニアで行われたAPECの両方で安倍総理がムン・ジェイン大統領と「立ち話」「挨拶ていど」の会話を行ったとのこと。
 会談ではなく、「立ち話」ていどというところが現状の日韓関係をしっかりと示唆しているってところですかね。
 ま、事前から分かっていたことではありますけどね。

 ついで月末にはアルゼンチンでG20サミットが開催されますが、そこでどうなるのか……と。
 いくらなんでも徴用工裁判の大法院判決が出てから1ヶ月放置はないと思う……のですけどね。
 ただ……なんというか。
 海上自衛隊に対して「旭日旗を引っこめろ」っていう依頼が来たあたりから感じているのですが、どうも日本に対して「言えば受け容れるに違いない」みたいな認識があるのです。
 旧来の「韓国側から強力に押していけば、けっきょくは日本側が引っ込むに違いない」みたいな思い込みというか。
 外交センスのなさとでもいうべきかもしれません。

 まあ、選挙時には対日外交のブレーンとしてホサカ・ユウジ教授を登用していたくらいなので、そりゃないよな……としか言いようがない。
 思えばムン・ジェインが政権を執ってから1年半、日韓関係はなんの進展も見せていない。っていうか、就任してから1年経ってからようやく来日したくらいで、中身のある話はなにもしていない。
 中身があるないは別にして、政府同士での日韓関係でなにかがあったかというと……慰安婦合意の実質的な破棄になる財団解散をやっているくらい?
 それ以外はいまのところ完全に凪ぎといっても過言ではないですね。
 日本も韓国を外交相手としては重要視せず、韓国も同様に重要視していない。
 結果としてはそれほど悪くはない状況になっているのが面白いところ。

 ただまあ、徴用工裁判の判決についてはそうも行かないのですが。
 こっちについてもどうも認識が不足しているというか。本当に外交センスが欠如している政権なんだよなぁ……。
 ヨーロッパでやったミスをそのままASEANに持ってきているとか本当に救えない。
 路線が噛みあわなかったというていどだから、ヨーロッパ歴訪でのそれは言うほど大きなミスではないですが。
 それをまったく同じようにASEAN首脳会議に持ってきて、まったく同じように拒絶されているんですからね。

センスの磨き方
トミタ・ジュン
アチーブメント出版
2013/9/30