安倍首相帰国 文大統領とは「戦略的放置」(産経新聞)
 安倍晋三首相は18日夜、シンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアの3カ国歴訪を終え、政府専用機で羽田空港に帰国した。5日間の歴訪で「自由で開かれたインド太平洋」構想や自由貿易推進の意義を重ねて発信し、各国首脳との会談も積極的にこなした。しかし、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談はなかった。元徴用工による訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決への対応を示せない文氏と会談しても無意味だと判断、「戦略的放置」に徹したようだ。 (中略)

 文氏とは、15日にシンガポールで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議の場で2回、17、18両日のAPEC首脳会議や関連会合と計4回接触した。

 首相同行筋によると、最初のASEANプラス3(日中韓)では文氏が安倍首相に駆け寄り握手を求めた。首相は握手こそしたものの、話しかけてきた中国の李克強首相に顔を向けたという。

 韓国最高裁の判決は1965(昭和40)年の日韓請求権協定に反し、「国際法違反の状態」(菅義偉=すが・よしひで=官房長官)にある。外務省幹部は「ボールは向こうにある。文氏と会談する状況にはない」と説明する。
(引用ここまで)

 まあ、正直なところ日本側になにかできることがあるのかというと、なにもないのですね。
 大法院からの確定判決が出ただけで、韓国政府がどのような対応策を出すのかが見えていない。
 現状では担当大臣である河野外相に事あるごとに「対応策出せ」「日韓関係を逆行させる気か」ってコメントさせるのが公式対応としてはできるギリギリですかね。
 というのも韓国政府が判決に対してなんの答えも出していないから。
 記事にもありますが、現状でボールは韓国側にある。
 日本側は「早く対応策を出せ」と圧力をかけることしかできない。

 韓国政府が請求権協定に従ってすべて支払うのか。
 それとも財団を設立して日本政府、および日本企業にも参加しろと呼びかけるのか。
 あるいは放置して日本企業にすべての責任を押しつけ、財産を差し押さえさせるのか。

 河野大臣がなにか言う度に遺憾だとかなんだとか言い返してくるだけで、実効力のある対策は現状でゼロ。
 韓国政府は判決から2週間過ぎてから「識者に意見聴取」みたいなことしかやっていない。
 話し合いとかできる以前の問題なので、これくらいしかやりようがない。

 できれば「財産の差し押え」までやりたいというのが本音なのは間違いない。軍事政権であり、かつパク・クネの父親が結んだ日韓基本条約を破棄したいというのがムン・ジェインの念願でもあるのです。
 そうした場合に日本の怒りがどこまで膨らむのか、見立てしているといったところでしょう。
 で、この3週間ほど「見(けん)に廻っていた」のだけども、思っていた以上に日本側の反応が激烈で困惑しているってところですかね。
 もうすでに関係は崩壊寸勢のところまできていますが、ここからさらに一歩進むのか。それとも関係破綻を回避するのか。
 韓国政府は、そしてなによりムン・ジェインは決断しなければならないのですが。