文大統領の支持率53.7% 7週連続下落(聯合ニュース)
20代を中心に急落する文大統領支持率に与党幹部が危機感(朝鮮日報)
韓国の世論調査会社、リアルメーターが19日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週より1.7ポイント低い53.7%となり、7週連続で下落した。不支持率は1.1ポイント上がり、39.4%となった。
(引用ここまで)
 韓国与党・共に民主党のパク・チュミン最高委員は18日「先日行われたギャラップの世論調査で、今年の初め20代で82.9%にまで達した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が、11月の第2週には54.5%へと28ポイント以上も下落した」「この点は非常につらいし、またつらいと思うべきだ」と述べた。

 パク議員はこの日国会で開催された全国大学生委員会の発足式に出席し「別の年代での支持率下落も非常につらいが、将来を担う20代が失望しているなら、その点はもっと深刻に考えるべきだ」とした上で上記のように述べた。
(引用ここまで)

 北朝鮮訪問で上昇したかのように見えたムン・ジェインの支持率が7週連続で右肩下がり。
 直近では9月第3週の65.3%を頂点に、7週間かけて11.6%の下落。
 特に20代での下落が激しいとのことの。

 パク・クネの支持層として50代以上が「岩盤」とまで呼ばれていて、最後の最後までそこそこの支持率を保っていました。
 ムン・ジェインの「岩盤支持層」はまったく逆でして。
 20〜30代を中心とした若者層。ついでにいえば選挙権はないものの10代も多くがろうそくデモに参加したりしていましたね。
 既得権益を破壊して、コネが優先される社会をまっとうにしてくれるのではないかという期待があったのですよ。
 チェ・スンシルに代表される「仲間内で政治が行われる」ことへの反感もありましたね。

 でも、ムン・ジェインが実際にやっていることは「仲間を登用」することですし、労組はかつてないほどに暴れ回っている
 「公正さを証明する」はずだった公社の非正規雇用者を正規にする際にもウリが優先されていた
 じゃあ、肝心の経済状況はどうなのかっていったらもう壊滅的。
 ピザの大きさはそのままなのに、1切れの大きさを増やしてしまったからありつける人数が減ってしまっている。
 今頃になって「こんなはずじゃなかった」と熱狂的な支持から冷静になりつつあるというところ。

 まあ、それでもいまだに20代の支持率(54.5%)のほうが全世代の平均支持率(53.7)をわずかながらも上回っているのですから、不思議なものですけどね。
 あれだけの「実力」を目の当たりにして、まだ支持できているのですから。
 北朝鮮宥和政策が大きいのだろうなぁ……。実際に支持理由も1位が南北宥和だからというものです。2位が「外交手腕を評価する」なので苦笑しますが。

北朝鮮がつくった韓国大統領 文在寅政権実録
李相哲
産経新聞出版
2018/10/7