10億円の扱いは日本と協議 「いろいろな選択肢考慮」=韓国外相(聯合ニュース)
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は22日、聯合ニュースに対し、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」を解散する決定が発表されたことについて、「(日本政府が財団に拠出した)10億円のことは(日本と)協議しなければならない」として、「いろいろなオプション(選択肢)を考慮している」と述べた。 (中略)

 財団の解散や日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者に賠償を命じた大法院(最高裁)の判決など、両国の外交懸案を議論するため日本を訪問する可能性については、「固まった日程はないが、常に選択肢として考慮している」と述べた。
(引用ここまで)

 慰安婦合意で設立された「和解・癒し財団」について解散が決まったと韓国側から発表されました。
 昨日の段階で韓国側からは「慰安婦合意と徴用工裁判をリンクさせるようなことはない」っていうマヌケなことこの上ない話が出ていましたが。
 そのエントリでも書いたようにリンクするかどうかは日本の受け取り方によるし、リンクさせて扱うかどうかは日本のやりかたによるのですよ。
 むしろ日本は国際社会に対して「慰安婦合意でも徴用工裁判でも約束を守らなかった。韓国とはこんな国なのだ」ってやりかたをするべきですし、おそらくはそうするでしょう。
 リンクされては困るから「リンクしない」って言っているだけなのですよね。

 朝日新聞の記事によると日本側に実務者レベルで財団の解散が通達された際に日本側からは「解散という言葉だけは使わないでほしい」「解散なら日韓関係は取り返しがつかない状態になる」と警告したそうですよ。
 まだ日韓関係がどうにかなる、と思っているのか。
 あるいは関係を終わらせるにしても終わらせようがある、というように考えているのか。

文政権、日本の警告受けたが 財団解散に「迎合」指摘も(朝日新聞)

 で、そんな中で対日外交の最終兵器として登用され、韓国の最高権威者として君臨している元慰安婦からも「あの人を外交部長官にしなさい」と託宣を受けているカン・ギョンファから「10億円については日韓で協議する」「さまざまな選択肢がある」「訪日も選択肢のひとつ」とかいう話が出てきたと。
 日本に来たとしてなんの話をするつもりなんでしょうか。
 というか、この人になにか外交的な話ができるのかどうか。就任してから外相として存在感を見せたことなんて一度もないような……。
 ネイティブに近い英語で通訳なしに河野外相と話せるというっていうのは利点かもしれませんけどね(笑)。

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!
スティーブ・ソレイシィ / 大橋弘祐
文響社
2017/7/25