韓国、貧富の差11年ぶり最悪…所得成長が悪夢に(中央日報)
雇用惨事の被害が低所得層に集中し、最悪の「分配ショック」に直面した。貧富の差を表す指標の5分位倍率が11年ぶりの最高水準となった。低所得層の雇用が減少して収入が減る半面、高所得層の財布はさらに分厚くなっている。 (中略)

統計庁が22日に発表した「2018年7−9月期の家計動向調査(所得部門)結果」によると、今年7−9月期の均等化処分可能所得5分位倍率は5.52だった。所得上位20%と下位20%の世帯の平均所得には5.5倍以上の差があるということだ。これは7−9月期基準では2007年(5.52)以来最も大きい数値。

所得下位40%(1・2分位)世帯の所得がともに減少した。1分位(所得下位20%)世帯の月平均所得は7−9月期が131万8000ウォン(約13万1800円)と、1年前に比べ7%減少した。前年同期比基準で3期連続の減少だ。2分位(所得下位20−40%)世帯所得も284万3000ウォンと、前年比0.5%減少した。

一方、所得が多い4分位(所得上位20−40%)、5分位(上位20%)世帯の7−9月期の月平均所得はそれぞれ569万1000ウォン、973万6000ウォンで、1年前に比べて5.8%増、8.8%増となった。5分位世帯の所得は2016年1−3月期から11期連続で増加した。7−9月期の1世帯あたりの月平均所得は474万8000ウォンと、1年前に比べ4.6%増えた。

当初、7−9月期の分配指標はやや改善するという見方があった。政府が低所得層に支給する金額が9月から増えたからだ。満65歳以上の高齢者に毎月支払われる基礎年金が従来の20万ウォンから25万ウォンに増えた。また、満6歳未満の児童には10万ウォンの児童手当が支給される。しかし効果は大きくなかった。 (中略)

所得の増減を左右したのは結局、雇用だった。脆弱階層の雇用は減少したが、高所得層の雇用は増加し、「勤労所得」で差が広がった。7−9月期の1世帯あたりの就業者数は1分位が0.69人、2分位が1.21人と、前年比でそれぞれ16.8%減、8.2%減となった。一方、4分位と5分位の1世帯あたりの就業者数はそれぞれ1.8人、2.07人と、1年前に比べて1.3%増、3.4%増。

また、1分位の勤労所得は22.6%減少した半面、5分位の勤労所得は11.3%増加した。 所得の増減を左右したのは結局、雇用だった。脆弱階層の雇用は減少したが、高所得層の雇用は増加し、「勤労所得」で差が広がった。7−9月期の1世帯あたりの就業者数は1分位が0.69人、2分位が1.21人と、前年比でそれぞれ16.8%減、8.2%減となった。一方、4分位と5分位の1世帯あたりの就業者数はそれぞれ1.8人、2.07人と、1年前に比べて1.3%増、3.4%増。

また、1分位の勤労所得は22.6%減少した半面、5分位の勤労所得は11.3%増加した。1分位の勤労所得減少規模は関連統計が作成された2003年以降、最も大きい。事業所得の場合、1分位(−13.4%)、2分位(−1.5%)のほか、所得上位40−60%の3分位(−11.9%)も減少した。零細自営業者の厳しい状況が反映された数値だ。
(引用ここまで)

 韓国政府の主たる経済政策である所得主導成長が、韓国人により一層の格差を生み出しているというパラドックス。
 第3四半期としては2007年以来、最大の格差を記録したそうですよ。
 つまりですね、保守政権である間は延々と格差は縮まり続けてきたものが、ムン・ジェイン政権になって拡がっているということなのです。

 対策として年金、児童手当を増額したとのことですが。
 っていうか、「あの人たちは可哀想だからお金を上げよう」みたいな政策をやったところで格差なんて縮まるわけがない。
 韓国みたいに実質的な失業率が10%以上、実質的な若年層失業率が25%みたいな国では、どうやって定期的な収入を得させるかをまず考えるべき。
 ついで、あまりにも格差の大きい中小企業と大企業の収入をどうやって埋めていけばいいのかを考えるべきなのに、やっていることは「時給増やせば幸せだろ」みたな押しつけ。

 ついでにいまご執心なのは「大企業は利益を得たら中小企業に分配しろ」と圧力をかけること。

協力会社と利益分配を…韓国政府がまた大企業に圧力(中央日報)

 あくまでも「大企業が自律的に中小企業に利益分配」するようにしているそうですよ。
 法的根拠も作っているそうですが。
 ……いまどき、どの国でもどれだけ法人税を下げることができるか、つまり企業に残ってもらうにはどうすればいいかを争っているのに、韓国だけは「大企業に限って増税」だの「儲けた企業は利益分配せよ」だのやっている。
 政府が経済についてできることは、原則として「いかにしてお金が廻りやすい環境を作るか」だけなのですけどね。

キミのお金はどこに消えるのか (角川書店単行本)
井上 純一
KADOKAWA / 角川書店
2018/8/4