(中央日報)
韓国外相「訪日したい」 河野外相に伝える(日経新聞)
NHKによると、河野外相はこの日、自民党議員と会った席で、康長官の訪日に関連して「きちんとした答えを持ってこないかぎり来日されても困る」と述べた。

これに先立ち、今月22日、康長官は和解・癒やし財団の日本拠出金10億円の返還や国際社会の女性人権運動支援の可能性などに対して「さまざまなオプションを考慮している」と述べた。だが、財団解散や大法院(最高裁)強制徴用賠償判決など韓日間の外交葛藤になる事案について議論するために日本を訪問する可能性は、現在、検討していないことが伝えられた。
(引用ここまで)
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が河野太郎外相に「訪日したい」と述べ、日韓外相会談を開きたい意向を伝えていることがわかった。元徴用工訴訟や元従軍慰安婦問題の対応についての協議を念頭に置いているとみられる。
(引用ここまで)

 先日、韓国メディアの前で徴用工裁判の判決について「日本に対してはいくつかのオプションがある」「私が訪日してもいい」というような発言をしていたカン・ギョンファ外交部長官ですが。
 日経新聞によると、河野外相に対して「訪日したい」という意向を伝えてきたとのこと。
 で、それに対して河野外相は「きちんとした答を持ってこないかぎり、来日されても困る」と答えたと。

 河野外相は煽ってますね。
 しっかりと言葉の端々にトゲを含めることを忘れていないとでもいうべきか。
 実際のところ、いま必要なのは韓国政府のしっかりとした徴用工裁判に対する対応策であって、それなしに訪日されてもこちらとしては困惑するだけなのです。
 要するに「徴用工裁判に対して賠償判決が出たら韓国政府が日韓基本条約に基づいて肩代わりします」っていう証文を持ってこいっていうことで、それ以外なら徹底的な外交衝突だって話。
 まあ、実際には訪日してまたぞろ去年の年末と同様に「通貨スワップ協定お願いします」って言ってくるとかそういうオチなんでしょうが。
 このときも「慰安婦合意に対する新措置」とやらを持ちこんできて、まったく相手にされていなかったのですけど覚えていないんでしょうかねぇ。
 外相の力量が違ってて一安心ってところです。