秩父市が姉妹都市の韓国・江陵との相互派遣中止 抗議殺到で(産経新聞)
 埼玉県秩父市が12月からの実施を予定していた姉妹都市の韓国・江陵市との職員相互派遣について、50件以上の抗議を受けて中止にしていたことが分かった。同市の久喜邦康市長が27日に開会した12月定例市議会で明らかにした。両市は昭和58年2月から姉妹都市として交流を続けている。

 同市によると、職員相互派遣は姉妹都市35周年を受けた初の取り組みだったという。(中略)

 両市はこれまで、スポーツや文化の交流を続けており、今回は韓国人観光客誘致のインバウンド事業を進めるため、観光課の職員を派遣する予定だった。同市からの派遣は12月上旬、江陵市からの派遣受け入れは12月下旬〜1月上旬を予定。1人ずつ半年間の派遣を毎年行う意向だった。

 同市の担当者は「初の事業だったので残念な気持ちもあるが、両市の職員が不快な思いをする可能性があるので今回実施するのは適切ではないと判断した」と話している。
(引用ここまで)

 ……まあ、公的機関での日韓交流は無理じゃないかなーという感じがしますね。
 それもこの何ヶ月かというようなスパンではなく、今後何年かはこうなるのではないかという感じです。
 今回の地方公務員の相互派遣について「抗議があったから、秩父市が受け入れ中止を決めたのだ」と思う人も多いでしょうが、違うのですよ。
 「現状で韓国との共同事業や会議は受け入れがたい」というコンセンサスが日本人にできてしまっているからです。

 イ・ミョンバクによる天皇謝罪要求宣言のあと、日本人は潮が引くかのようにして「嫌韓」が多数となりました。
 ついで、軍艦島を世界遺産登録する際の手のひら返しを見て。
 さらに釜山への慰安婦像設置を見てきたわけです。
 これらの事柄によって日本人は「韓国」というものをようやく理解してきたのですよ。

 韓国への理解度が言ってみれば「最終的かつ不可逆的」なところにきていた。
 内閣府による外交に関する世論調査でも「親しみを感じない」が60%前後で定着。
 そこへのダメ押しの決定打が今回の徴用工裁判なのです。

 徴用工裁判の大法院判決が出る前日に「中長期的に日韓関係は崩壊する」と書きましたが、こうやって政府単位ではない交流も減っていくのですよ。
 ま、しょうがないね。それが韓国の選択だったのですから。

秩父市民には駅前の温泉でも飲ませとけ!(婉曲なPR活動)
翔んで埼玉
魔夜峰央
白泉社
2016/3/1