三菱重工にも賠償命令 強制徴用訴訟=韓国最高裁(聯合ニュース)
韓日の政府と企業で徴用被害補償の財団を 与党主催討論会で新提案(聯合ニュース)
日本による植民地時代だった戦時中に強制徴用され、三菱重工業で働かされた韓国人被害者5人が同社を相手取り起こした損害賠償請求訴訟の差し戻し上告審判決で、韓国大法院(最高裁)は29日、原告が逆転勝訴した差し戻し控訴審判決を支持し、被害者1人あたり8000万ウォン(約800万円)の支払いを命じた。

 大法院は10月に別の強制徴用訴訟で新日鉄住金に賠償を命じる確定判決を出している。これに対し、日本政府は1965年の韓日請求権協定で個人請求権問題は解決済みとの立場を前面に出して強く反発しており、今回の判決でさらに態度を硬化させそうだ。
(引用ここまで)
韓国与党・共に民主党の「歴史と正義特別委員会」が29日に主催した討論会で、日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者に対する賠償・補償に向け、日本と韓国両国の政府、企業で「2プラス2人権財団」を設ける案が提示された。

 韓国の市民団体がつくる「強制動員問題解決と対日過去清算のための共同行動」の運営委員長を務めるキム・ミンチョル慶熙大教授が提案した。同氏は「この案は日本政府と企業の(賠償・補償金)拠出を前提としたものでなく、現実的に日本政府が拠出する可能性はない」としながらも、日本企業が拠出する可能性を念頭に、日本政府が反対できないようにする戦略が必要と説いた。
(引用ここまで)

 まず三菱重工に対して賠償命令。
 想定内。前回の1億ウォンに対して、今回は8000万ウォンと減額されているのがちょっと気になりますが、このあたりはまたあとで調べます。
 働いていた期間の問題かなー。

 菅官房長官もさっそく午前の定例記者会見で韓国に対して「是正を求める」という方針を述べています。

 9分くらいから11分くらいまで。
 とりあえず新しい内容はありませんね。まあ、判決が出てから1時間ってところだからしょうがないか。

 今回の判決は前回の判例に倣ったもので当然こうなるだろうと予測されていたものです。
 これからもこういった判決になるであろう、ということが確認されたわけですね。

 で、韓国の与党である共に民主党が行った討論会で「韓国政府、韓国企業が金銭を拠出する財団を作り、そこに日本政府、日本企業も参加できる形を作るのはどうか」という話が出たそうです。
 ただ、日本政府が参加しないのは前提の下。
 日本企業が参加できるような戦略を云々としていますが。
 つまり、法的に賠償をするのではない。あくまでも自由参加というような形を作ることで参加しやすい環境を作ろうという話でしょう。
 見事なまでのイガンジル(離間事)ですなー。
 まあ、それに乗る企業があるかどうかは監視すべきことでしょうけども。

イガンジルについては古田教授のこちらの本を参照してください〜。
「統一朝鮮」は日本の災難
古田博司
飛鳥新社
2018/9/7