駐韓大使呼び抗議 日本側の過激発言受け=韓国外交部(聯合ニュース)
 韓国の大法院(最高裁)が日本による植民地時代に強制徴用された被害者らへの賠償を日本企業に命じた判決に日本側が過激な発言を続けていることを受け、韓国外交部は29日午後、長嶺安政・駐韓日本大使を呼んで抗議した。 (中略)

 日本政府も判決後、李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使を呼び出して抗議している。両国が同じ日に相手国の大使を呼んで抗議するのは異例。(中略)韓国側が対応を強めたのは、強制徴用訴訟の判決に対する日本政府関係者らの発言について、これ以上看過できないと判断したためとみられる。
(引用ここまで)

 日本政府は韓国大使を呼び出して抗議。
 で、韓国政府は日本大使を呼び出して、抗議されたことに対して抗議。
 あんまり聞いたことのない話ですね。

 ちなみに今回の判決に対する談話、コメントとして菅官房長官、河野外務大臣から「対抗措置」について言及がありました。
 こうして日本政府から「対抗措置」という言葉が出てきたのは、本件についてははじめてですね。
 釜山の慰安婦像設置への対抗措置以来、かな。


大韓民国大法院による日本企業に対する判決確定について(外務省)
河野外務大臣臨時会見記録(外務省)

 ただし、菅官房長官、河野外相共に「対抗措置について具体的な内容、我が国の手の内をさらすようなことは控えさせていただきたい」とも述べています。

 ちなみに判決が出たのが10時過ぎ。
 外務省から河野外相の談話が出たのが10時半頃。
 駐日韓国大使を招致したのが11時15分頃。
 で、さらに菅官房長官の午前の定例記者会見(11時半頃)で言及。
 これ、完全に事前に用意して内閣で意見調整してますね。

 日本側は「韓国政府は対応策を執れ」と言っているのに対して、韓国政府の「過激な物言いは遺憾」っていうのもなんだかなぁ。
 対応策をまとめて出しますって話になるのが本来でしょうに。
 自民党から「韓国は国家の体をなしていない」って発言があったことについても反発していましたが、そう言われて当然の状況ですわな……。

北朝鮮がつくった韓国大統領 文在寅政権実録
李相哲
産経新聞出版
2018/10/7