文大統領「歴史問題は賢明に処理」 具体策には触れず(朝日新聞)
 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は2日、日韓関係について「過去の歴史問題は別途、賢明に処理しつつ、未来志向的な協力を行うべきだ」と述べた。 (中略)

 文氏は「韓日関係には過去の歴史問題がある。いつでも火がつくし、完全に解決したとみることはできない。歴史問題のために、韓日を未来志向的に発展させる様々な協力関係に問題が起きてはいけない」と述べた。「朝鮮半島の非核化、平和プロセスにも日本の協力が必要だ。ツートラックで協力関係を結ぶべきだ。日本政府も共感してくれるだろう」とも語った。 (中略)

日本企業に元徴用工らへの損害賠償を求めた判決や、元慰安婦を支援する財団の解散などに伴う問題を解決する具体策には触れなかった。
(引用ここまで)

 ……ね?
 ムン・ジェインは反日じゃないのですよ。基本方針は。
 ただ何も考えていないだけだし、ただ何もする能力がないだけ。
 最初の新日鐵住金への賠償判決が出てから1ヶ月以上が経過しています。
 この判決は二国間関係を根本から突き崩すだけでなく、世界の戦後秩序すら崩壊しかねないような重大な判決であったのです。

 そんな重大な意味を持つ判決が出てからの1ヶ月間でASEAN、APEC、G20と3回も国際的な会合があって、日本との首脳会談しようと思えば充分にできた。
 途中経過がどうなっているかを説明することもできた。
 でも、なにもしない。
 というか、なにもできなかった。

 で、G20の帰りにようやく日本関連の発言で口を開いたかと思えば、事実上のゼロ回答。
 ここまでくればいくらなんでもほとんどの日本人はムン・ジェインという人物の能力というものを理解できるんじゃないでしょうかね。
 もはや「日本を重要視していない」だけでは済まないレベル。
 ヨーロッパの国家首脳から「あいつちょっとおかしいわ」って言われてもむしろ当然。
 まあ、ある意味においては日韓関係における頼もしいパートナーであるとはいえるでしょうけどね。

がんこなハマーシュタイン
ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー
晶文社
2009/4/2